ジョコビッチ、シナー、アルカラス
画像提供:ゲッティイメージズ

テニスの全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)は28日、男子シングルス決勝が行われ、第4シードのJ・シナー(イタリア)が第3シードのD・メドベージェフを3-6, 3-6, 6-4, 6-4, 6-3の大逆転で破り、四大大会初優勝を飾った。試合後には世界ランク1位のN・ジョコビッチ(セルビア)や同2位のC・アルカラス(スペイン)らが祝福の言葉を贈った。

>>【動画】22歳シナー 四大大会初V、大逆転で全豪OP優勝決めた瞬間<<

22歳で世界ランク4位のシナーが同大会に出場するのは5年連続5度目。最高成績は2022年の8強となっていたが、今大会は好調を維持し、1回戦から準々決勝までセットを落とさず大会初の4強入りを果たすと、準決勝では第1シードのN・ジョコビッチを6-1, 6-2, 6-7 (6-8), 6-3で破り、四大大会初の決勝に駒を進めた。

決勝戦ではメドベージェフを相手に2セットダウンと崖っぷちに立たされるも反撃を開始し2セットオールに。ファイナルセットでは1度のブレークに成功し、3時間44分の熱戦を制した。

グランドスラム初優勝を飾ったシナーに対しSNSでは祝福の声が寄せられた。準決勝でシナーに敗れたジョコビッチは「ブラボー、ヤニック(シナー)。優勝おめでとう。あなたとあなたのチーム、そして家族も」とインスタグラムのストーリーズ(24時間で消える投稿)を更新した。

さらに20歳のアルカラスも「ヤニック、本当におめでとう!君は誰よりもそれにふさわしい。友よ、この瞬間を楽しんで!」と祝福の言葉を贈った。

その他にも元世界ランク3位のR・レーバー(オーストラリア)やS・ワウリンカ(スイス)、女子テニスで世界ランク1位のI・シフィオンテク(ポーランド)らも祝福している。