(左から)ダニエル太郎と西岡良仁
画像提供:tennis365.net

男子テニスの2月に開催されるツアー大会で、5日に開幕するダラス・オープン(アメリカ/ダラス、室内ハード、ATP250)と12日に開幕するデルレイビーチ・オープン(アメリカ/デルレイビーチ、ハード、ATP250)と19日ミフェル・テニス・オープン by テルセル・オッポ(メキシコ/ロスカボス、ハード、ATP250)は公式サイトに出場予定選手を公開しており、世界ランク62位のダニエル太郎と同84位の西岡良仁が3大会連続で出場することが明らかとなった。

31歳のダニエルは今季、2大会目のASBクラシック(ニュージーランド/オークランド、ハード、ATP250)で準優勝。その後の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)では1回戦でC・ユーバンクス(アメリカ)に敗れたものの、世界ランキングは現在日本勢トップとなる62位となっている。

一方、28歳の西岡は昨年終盤から肩や脚の負傷に悩まされ、今季は全豪オープンの前哨戦を欠場。ぶっつけ本番で臨んだ全豪オープンでは第8シードのH・ルーネ(デンマーク)に敗れ初戦敗退となった。西岡は昨年の同大会で16強入りしていたため、大会後に大幅にポイントを落とし現在世界ランク84位となっている。

そのダニエルと西岡が2月に開催される3大会に3週連続でエントリー。

5日開幕のダラス・オープンにはダニエルと西岡の他に、同14位のF・ティアフォー(アメリカ)、同15位のT・ポール(アメリカ)、同16位のB・シェルトン(アメリカ)、同17位のA・マナリノ(フランス)らが出場する。

12日開幕のデルレイビーチ・オープンには同9位のフリッツ、ポール、ティアフォー、マナリノらが参戦。

19日開幕のミフェル・テニス・オープン by テルセル・オッポには同6位のA・ズベレフ(ドイツ)、同10位のS・チチパス(ギリシャ)、同11位のA・デ ミノー(オーストラリア)、同12位のC・ルード(ノルウェー)ら上位選手がエントリーしている。