添田監督、西岡、綿貫、望月、坂本、上杉
画像提供:日本テニス協会

男子テニスの国別対抗戦デビスカップのワールドグループ1プレーオフ「日本vsレバノン」(エジプト/カイロ、レッドクレー)は1日、2日と3日に行われる対戦の組合せが決定。初日となる2日のシングルス第1試合には世界ランク84位の西岡良仁、第2試合には同113位の綿貫陽介が登場する。現在、第2試合の綿貫戦が行われている。

>>西岡 良仁vsハビブ デ杯第1試合 1ポイント速報<<

>>綿貫 陽介vsハッサン デ杯第2試合 1ポイント速報<<

日本代表は昨年9月に行われたワールドグループ1「イスラエル戦」(イスラエル/テルアビブ、室内ハード)で逆転負け。ワールドグループ1残留がかかったプレーオフに回ることとなった。

プレーオフではレバノンとの対戦が決まり、当初はレバノンで開催予定だったが、レバノンが中立国であるエジプトでの開催を選択。

先月23日には添田豪監督が今回の代表メンバーを発表。日本は西岡と綿貫に加え、世界ランク138位の望月慎太郎、前週の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)ジュニア部門の男子シングルスで四大大会ジュニア初優勝を飾った17歳でジュニア世界ランク3位の坂本怜、ダブルス世界ランク147位の上杉海斗の5名でレバノン戦に臨む。

試合は日本時間2月2日の18時からシングルス2試合、2月3日の17時からダブルス1試合とシングルス2試合が行われ、3勝した方が勝利となる。

【2月2日(金)1日目】シングルス2試合(第1試合は日本時間2日18時開始予定)

第1試合 西岡 vs. H・ハビブ(レバノン)
第2試合 綿貫 vs. B・ハッサン(レバノン)

【2月3日(土)2日目】シングルス2試合・ダブルス1試合(第1試合は日本時間3日17時開始予定)

第3試合 望月/ 上杉 vs. H・イブラヒム(レバノン)/ F・ビダン(レバノン)
第4試合 西岡 vs. ハッサン
第5試合 綿貫 vs. ハビブ