スーチャディと加藤未唯(全豪OP)
画像提供:tennis365.net

女子テニスのタイ・オープン(タイ/ホアヒン、ハード、WTA250)は2日にダブルス準決勝が行われ、第1シードの加藤未唯/ A・スーチャディ(インドネシア)組がAr・ロディオノワ(オーストラリア)/ ユアン・ユエ(中国)組を4-6, 6-2,[10-7]の逆転で破り、今季初の決勝進出を果たした。

>>望月 慎太郎/上杉 海斗ペア、デ杯第3試合 1ポイント速報<<

>>西岡 良仁vs ハッサン、デ杯第4試合 1ポイント速報<<

>>綿貫 陽介vsハビブ、デ杯第5試合 1ポイント速報<<

今季開幕から3大会白星を挙げることが出来なかった加藤とスーチャディだったが、今大会の初戦で今シーズン初白星を挙げると、準々決勝にも勝利し4強入りした。

準決勝の第1セット、加藤とスーチャディは第3ゲームで先にブレークに成功するが、その後2度のブレークを奪われ先行される。

それでも第2セット、序盤から2度のブレークを果たし4ゲーム連取に成功した加藤/ スーチャディ組は、その後のサービスゲームをキープし1セットオールに追いつく。

迎えた10ポイントマッチのタイブレークで争われるファイナルセット、加藤とスーチャディは開始から0-3とリードされるも4ポイント目から5ポイント連取を果たし逆転。その後はリードを守り切り、逆転で今季初の決勝に駒を進めた。

勝利した加藤/ スーチャディ組は決勝で、第2シードのグオ・ハンユ(中国)/ ジアン・シンユ―(中国)組とK・ラヒモワ/ Y・シジコワ組のどちらかと対戦する。