全豪オープンでのペグラ
画像提供:ゲッティイメージズ

女子テニスで世界ランク4位のJ・ペグラ(アメリカ)が2日、11日に開幕するカタール・トータルエナジー・オープン(カタール/ドーハ、ハード、WTA1000)と18日に開幕するドバイ・デューティ・フリー・テニス選手権(アラブ首長国連邦/ドバイ、 ハード、WTA1000)を首の負傷のため欠場すると発表した。

昨年のカタール・トータルエナジー・オープンではI・シフィオンテク(ポーランド)に決勝で敗れ準優勝、ドバイ・デューティ・フリー・テニス選手権でもベスト4に進出している29歳のペグラだが、高ポイントを守りたい2大会を欠場することとなった。また、1週目に行われるカタールではC・ガウフ(アメリカ)とのペアでダブルスでディフェンディングチャンピオンだったため、ダブルスでも大きくポイントを失うことになる。

ペグラは全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)では2回戦でC・ブレル(フランス)に敗れて以降公式戦に出場しておらず、ドバイ・デューティ・フリー・テニス選手権終了まで約1ヵ月間のツアー離脱となる。

復帰は2月26日に開幕するサンディエゴ オープン(アメリカ/サンディエゴ、ハード、WTA500)を予定している。