(左から)西岡良仁と綿貫陽介
画像提供:日本テニス協会

男子テニスの国別対抗戦デビスカップのワールドグループ1プレーオフ「日本vsレバノン」(エジプト/カイロ、レッドクレー)は3日に第3試合のダブルスが行われ、西岡良仁/ 綿貫陽介ペアがB・ハッサン(レバノン)/ H・ハビブ(レバノン)ペアを7-5, 7-5のストレートで破り、日本は2勝1敗で勝利に王手をかけた。

>>西岡 良仁/綿貫 陽介ペア、デ杯第3試合 1ポイント速報<<

>>西岡 良仁vs ハッサン、デ杯第4試合 1ポイント速報<<

>>綿貫 陽介vsハビブ、デ杯第5試合 1ポイント速報<<

日本代表は昨年9月に行われたワールドグループ1「イスラエル戦」(イスラエル/テルアビブ、室内ハード)で逆転負け。ワールドグループ1残留がかかった今回のレバノンとのプレーオフに回ることとなった。

開催地はレバノンの選択により中立国であるエジプトとなっている。2日に行われた第1試合では、世界ランク84位の西岡が同304位のハビブを6-3, 6-4のストレートで破り先勝したものの、第2試合では同113位の綿貫が同152位のハッサンに2-6, 6-7 (3-7)のストレートで敗れ、1勝1敗で初日を終えた。

先に3勝すれば勝利となる勝負の2日目、第3試合のダブルスでは両チームメンバー変更を行い、日本は望月慎太郎/ 上杉海斗ペアから西岡と綿貫のペアに変更。レバノンはH・イブラヒム(レバノン)/ F・ビダン(レバノン)ペアからハッサンとハビブのペアに変更を行った。

第3試合の第1セット、両ペアサービスキープに苦しみ2度ずつブレークを奪い合う展開となるも、西岡と綿貫が第12ゲームでこのセット3度目のブレークを果たし先行する。

続く第2セット、西岡と綿貫はファーストサービス時に93パーセントの確率でポイントを獲得し、相手にブレークポイントを与えずキープを続ける。リターンゲームでは終盤の第12ゲームでブレークに成功し、接戦を制して日本に2勝目をもたらした。

勝利に王手をかけた日本は、この後行われる第4試合に西岡が登場し、ハッサンと対戦する。

【2月2日(金)1日目】シングルス2試合

第1試合 西岡 6-3, 6-4 ハビブ
第2試合 綿貫 2-6, 6-7 (3-7) ハッサン

【2月3日(土)2日目】ダブルス1試合・シングルス2試合

第3試合 西岡/ 綿貫 7-5, 7-5 ハッサン/ ハビブ

第4試合 西岡 vs. ハッサン

第5試合 綿貫 vs. ハビブ

【日本代表メンバー】
西岡良仁
綿貫陽介
望月慎太郎
上杉海斗
坂本怜

監督:添田豪