決勝進出を果たしたブブリク
画像提供:Open Sus De France

男子テニスの南フランス・オープン(フランス/モンペリエ、室内ハード、ATP250)は3日、シングルス準決勝が行われ、昨年王者で第2シードのA・ブブリク(カザフスタン)が第3シードのF・オジェ アリアシム(カナダ)を4-6,6-4,6-4の逆転で破り、2年ぶり2度目の決勝進出を果たした。

>>ダニエル、西岡らダラスOP組合せ<<

>>大坂 なおみら出場アブダビOP組合せ<<

2022年の同大会王者である世界ランク27位のブブリク。今大会は初戦の2回戦で同137位のD・シャポバロフ(カナダ)、準々決勝で同59位のA・シェフチェンコ(カザフスタン)を下し4強入りした。

準決勝、ブブリクは1度ブレークを許し第1セットを落としたものの、第2セットを奪いファイナルセットへ。ファイナルセットではファーストサービスが入ったときに100パーセントの確率でポイントを獲得。1度ブレークされたが、自身はリターンゲームで2度のブレークに成功し、2時間37分の熱戦をものにした。

昨年10月のヨーロピアン・オープン(ベルギー/アントワープ、室内ハード、ATP250)以来 約4ヵ月ぶりとなるツアー4勝目をかけ、ブブリクは決勝で第4シードのB・チョリッチ(クロアチア)と対戦する。チョリッチは準決勝で第1シードのH・ルーネ(デンマーク)をストレートで下しての勝ち上がり。

【ディアドラ】3年ぶり日本再上陸
公式ストア限定で最新ウエア&シューズを発売中。