全豪OPでのダニエル太郎
画像提供:tennis365.net

男子テニスのダラス・オープン(アメリカ/ダラス、室内ハード、ATP250)は5日、シングルス1回戦が行われ、世界ランク62位のダニエル太郎は同104位のC・レスティエンヌ(フランス)が4-6,6-4,5-0の時点で右腕負傷の影響で途中棄権したため初戦突破を果たした。この勝利によりダニエルは日本人男子歴代4人目となるハードコート マッチ50勝目を飾った。

>>西岡 良仁、ダニエル 太郎らダラスOP組合せ<<

>>大坂 なおみvsコリンズ 1ポイント速報<<

31歳のダニエルは先月の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)以来のツアー大会であり、今シーズン4大会目。ASBクラシック(ニュージーランド/オークランド、ハード、ATP250)ではB・シェルトン(アメリカ)らを破りツアー準優勝。一方、レスティエンヌは全豪オープン後はチャレンジャー大会に出場し、さらに前週の南フランス・オープン(フランス/モンペリエ、室内ハード、ATP250)にも参戦した。

初の顔合わせとなったこの日は序盤から互いにブレークを奪い合い、キープができない展開に。2度ずつブレークを奪い迎えた第5ゲームでダニエルは3度目のブレークを許すと、その後はドロップショットやスライスを多用するレスティエンヌを攻略することができずに第1セットを落とす。

第2セットでは第2ゲームで先にブレークに成功し直後の第3ゲームをキープして流れを握ったダニエルだったが、第5ゲームでブレークバックを許す。それでも主導権を離さなかったダニエルはゲームカウント5−4で迎えた第10ゲームでブレークを奪いセットカウント1−1に追いつく。

ファイナルセット、第2ゲームで攻め込んだダニエルはブレークチャンスを手にすると、最後はレスティエンヌを左右に走らせミスを誘発。第2セット同様にブレークを奪い先行する。第4ゲーム途中ではレスティエンヌが右腕を痛めメディカルタイムアウトを取得し急遽治療を行う。その後はプレーを継続するもダニエルが2度目のブレークに成功しゲームカウント4−0と大きくリード。第5ゲーム、ダニエルがラブゲームでキープした時点でレスティエンヌがプレー続行不可能となりダニエルが勝利した。試合時間は2時間15分。

この勝利でダニエルはハードコートでマッチ50勝(50勝75敗)を達成。日本人男子では287勝の錦織圭、99勝の西岡良仁、92勝の松岡修造に次ぐ史上4人目の50勝を記録した。

勝利したダニエルは2回戦で第2シードのT・ポール(アメリカ)と対戦する。今大会の上位4シードは1回戦免除のためポールはこの試合が初戦となる。

【ディアドラ】3年ぶり日本再上陸
公式ストア限定で最新ウエア&シューズを発売中。