(左から)ジャバーと大坂
画像提供:ゲッティイメージズ

女子テニスのムバダラ・アブダビ・オープン(アラブ首長国連邦/アブダビ、ハード、WTA500)は6日、ダブルス1回戦が行われ、ワイルドカード(主催者推薦)で出場した大坂なおみ/ O・ジャバー(チュニジア)組はM・リネッタ(ポーランド)/ B・ペラ(アメリカ)組に3-6,3-6のストレートで敗れ、初戦敗退となった。

>>【動画】元世界7位コリンズ 大坂なおみ下し初戦突破を決めた瞬間<<

>>ルバキナ、ジャバーら出場アブダビOP組合せ<<

26歳の大坂は昨年7月に出産し、今シーズンの開幕とともにツアーに復帰。先月行われた全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)にも出場し、1回戦で第16シードのC・ガルシア(フランス)に屈したが、ハイレベルなパフォーマンスを披露した。

その大坂は6日にシングルス1回戦に登場。元世界ランク7位のD・コリンズ(アメリカ)と対戦したが5-7, 0-6のストレートで敗れ初戦敗退となった。

そして同日に行われたダブルスにはジャバーとペアを組み出場した大坂。ダブルスに出場するのは2017年の東レ パン パシフィック オープンテニストーナメント(日本/東京、ハード、WTA500)以来 約6年4カ月ぶりであり、当時は姉の大坂まりとのペアで出場したが、1回戦で二宮真琴/ R・ボラコバ(チェコ)組にストレートで敗れている。

シングルス終了から数時間後に組まれたこの試合では、13度のブレークチャンスを与え、そのうち4度ブレークを許し、1時間13分で力尽きた。

勝利したリネッタ/ ペラ組は2回戦で第3シードのチャン・ハオチン(台湾)/ G・オルモス(メキシコ)組と対戦する。チャン/ オルモス組は1回戦でA・カリーニナ(ウクライナ)/ シュー・イファン(中国)組を7-6 (7-3), 6-4のストレートで下しての勝ち上がり。

【ディアドラ】3年ぶり日本再上陸
公式ストア限定で最新ウエア&シューズを発売中。