全豪OPでのマレー
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのオープン13・プロヴァンス(フランス/マルセイユ、室内ハード、 ATP250)は6日、シングルス1回戦が行われ、世界ランク49位のA・マレー(イギリス)は同66位のT・マハーチ(チェコ)に5-7,4-6のストレートで敗れ、初戦敗退となり、昨シーズン10月からマッチ6連敗となった。

>>ダニエル、西岡らダラスOP組合せ<<

>>西岡 ダラスOP1回戦 1ポイント速報<<

36歳のマレーは昨年10月のロレックス・パリ・マスターズ(フランス/パリ、室内ハード、ATP1000)1回戦でA・デ ミノー(オーストラリア)に敗れて以降、1月のブリスベン国際(オーストラリア/ブリスベン、ハード、ATP250)でのG・ディミトロフ(ブルガリア)戦、全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)でのT・M・エチェベリー(アルゼンチン)戦、南フランス・オープン(フランス/モンペリエ、室内ハード、ATP250)でのB・ペール(フランス)戦と4連敗。いずれも強敵ではあったものの、勝利をあげられずにいた。

この日もマレーはファーストサービスが入ったときに72パーセントの確率でポイントを獲得したが、マハーチにブレークポイントを握られた際は5度のうち3度ブレークを許すなど重要な場面でのロストがあり、1時間37分で力尽きた。

この結果、昨年9月の珠海選手権(中国/珠海、ハード、ATP250)2回戦で敗れてから直近10試合で9敗目。敗戦したときもセットは獲得しているが、勝利に繋げられない期間が続いている。

【マレー 直近10試合の結果】

珠海選手権2回戦:6-4,3-6,2-6 vsA・カラツェフ
チャイナ・オープン1回戦:3-6,7-5,6-7 (6-8) vsA・デ ミノー
ロレックス・上海マスターズ1回戦:3-6,2-6 vsR・サフィウリン
スイス・インドア・バーゼル1回戦:7-5,6-4 vsY・ハンフマン
スイス・インドア・バーゼル2回戦:7-6 (7-5),3-6,2-6 vsT・M・エチェベリー
ロレックス・パリ・マスターズ1回戦:6-7 (5-7),6-4,5-7 vsA・デ ミノー
ブリスベン国際1回戦:6-4,5-7,2-6 vsG・ディミトロフ
全豪オープン1回戦:4-6,2-6,2-6 vsT・M・エチェベリー
南フランス・オープン1回戦:6-2,6-7 (5-7),3-6 vsB・ペール
オープン13・プロヴァンス1回戦:5-7,4-6 vsT・マハーチ

【ディアドラ】3年ぶり日本再上陸
公式ストア限定で最新ウエア&シューズを発売中。