勝利したセバストバ
画像提供:ゲッティイメージズ

女子テニスのトランシルバニア・オープン(ルーマニア/クルージュ・ナポカ、ハード、WTA250)は6日にシングルス1回戦が行われ、出産を経て昨年末に復帰した元世界ランク11位のA・セバストバ(ラトビア)がワイルドカード(主催者推薦)で出場した世界ランク216位のA・ミト(ルーマニア)を6-2, 6-3のストレートで破り初戦突破を果たすとともに、約2年ぶりのツアー復帰大会で白星を飾った。

>>ダニエル 太郎vsポール 1ポイント速報<<

>>ダニエル 太郎、西岡 良仁らダラスOP組合せ<<

33歳のセバストバはツアーで4度の優勝を誇り、2018年10月には自己最高位となる世界ランク11位を記録した。

そのセバストバは2022年の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)1回戦を最後にツアーを離脱し、同年12月に出産。

その後、昨年11月にツアー下部大会となるWTA125のグレードの大会で復帰。2大会に出場し、どちらの大会も8強入りした。

そして今回のトランシルバニア・オープンで今季初戦を迎えるとともに、ツアー大会復帰を果たしたセバストバ。この日の1回戦では、ファーストサービス時に83パーセントの確率でポイントを獲得し相手のブレークを1度に抑え、リターンゲームでは5度のブレークに成功。快勝で約2年ぶりのツアー大会復帰戦を白星で飾った。

女子テニス協会のWTAは試合後のセバストバのコメントを掲載した。

「私は良いテニスをみせられると感じている。時間がかかるし、また調子を取り戻すにはいくつかの大会が必要になるけど、ツアーでトップ100の選手やトップ10の選手とプレーできることを証明していくわ」

また、今後の目標を問われたセバストバは「グランドスラムで優勝してナンバー1になることね(笑)冗談よ」と笑顔でコメント。本人は「冗談」と語ったが間違いなく闘志は燃やしているだろう。

勝利したセバストバは2回戦で第6シードのE・アバネスヤンと対戦する。アバネスヤンは1回戦で世界ランク77位のT・コルパッチ(ドイツ)を下しての勝ち上がり。

【ディアドラ】3年ぶり日本再上陸
公式ストア限定で最新ウエア&シューズを発売中。