シェルトン
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのダラス・オープン(アメリカ/ダラス、室内ハード、ATP250)は7日にシングルス2回戦が行われ、第3シードのB・シェルトン(アメリカ)が世界ランク115位のM・モウ(アメリカ)を6-3, 6-3のストレートで下し、ベスト8進出を果たした。この試合、シェルトンがサービスゲームで失ったのはわずか3ポイントだった。

>>西岡 良仁vsマナリノ 1ポイント速報<<

>>西岡 良仁らダラスOP組合せ<<

21歳で同16位のシェルトンは先月の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)でA・マナリノ(フランス)に敗れ3回戦敗退。今大会はこの試合以来、約3週間ぶりの実戦となった。

今大会は上位4シードが1回戦免除のため、シェルトンはこの試合が初戦。この日、シェルトンはサービスが絶好調で、サービス時に失ったのは第1セットの3ポイントのみ。第2セットは全ゲームをラブゲームでキープし1ポイントも落とさなかった。

リターンゲームでは第1セットで1度、第2セットで2度ブレークに成功し、1時間3分で快勝した。

男子プロテニス協会のATP公式サイトにはシェルトンの試合後のコメントが掲載されている。

「今日のプレーのレベルにはかなり驚いた。コートの中で気持ちよくプレーできたし、気持ちよく動けた。本当にいい試合ができたと思うよ」

勝利したシェルトンは準々決勝で、第7シードのJ・トンプソン(オーストラリア)とラッキールーザーで本戦入りした同174位のD・クドラ(アメリカ)の勝者と対戦する。

【ディアドラ】3年ぶり日本再上陸
公式ストア限定で最新ウエア&シューズを発売中。