内山靖崇(2023年)
画像提供:tennis365.net

男子テニスのHCI バーニー国際2(オーストラリア/バーニー、ハード、ATPチャレンジャー)は9日にシングルス準々決勝が行われ、第6シードの内山靖崇が同401位のC・ランモ(アメリカ)に6-2, 6-2のストレートで完勝し、チャレンジャー大会で2大会連続のベスト4進出を果たした。

>>ティアフォー、シェルトンらダラスOP組合せ<<

31歳で世界ランク249位の内山は今季チャレンジャー大会に出場を続けており、1月のバンコクオープン2(タイ/ノンタブリー、ハード、ATPチャレンジャー)では8強入り、前週のHCI バーニー国際1(オーストラリア/バーニー、ハード、ATPチャレンジャー)では4強入りと好調を維持している。

今大会は1回戦で予選勝者で同710位の熊坂拓哉、2回戦でワイルドカード(主催者推薦)で出場した同1079位のM・ヒューム(オーストラリア)を下し3大会連続でベスト8に進出した。

迎えた準々決勝、内山は5本のサービスエースを決めるなどしファーストサービス時に70パーセントの確率でポイントを獲得。試合を通じてランモに一度もブレークポイントを与えず、リターンゲームでは各セット2度ずつブレークを奪い、1時間11分で2大会連続の4強入りを決めた。

勝利した内山は準決勝で第4シードのD・スウィーニー(オーストラリア)と第7シードのJ・マッケイブ(オーストリア)の勝者と対戦する。

【ディアドラ】3年ぶり日本再上陸
公式ストア限定で最新ウエア&シューズを発売中。