今年1月のティーム
画像提供:ゲッティイメージズ

ノルウェー・オスローで開催されている男子テニスのエキシビションマッチ「アルティメット・テニス・ショーダウン(UTS)」は9日、ラウンドロビンが行われ、元世界ランク3位のD・ティーム(オーストリア)は世界ランク7位のH・ルーネ(デンマーク)に2-3で敗れたものの、走りながらの技あり股抜きショットで会場を沸かせている。

>>【動画】走りながら股抜きショット 元世界3位ティームが魅せる<<

>>西岡 良仁、ダニエル 太郎らデルレイビーチOP組合せ<<

UTSは従来のテニスから大きく変更したルールで行われる革新的なテニスイベント。各試合は8分×4クォーター制で行われ、最初に3クォーターを獲得した選手がその試合に勝利する。なお、両者が2クォーターずつ並んだ場合、5クォーターはサドンデス方式で行われる。サドンデスは先に2ポイント連取した方が勝利となり、2ポイント目以降のすべてのポイントがマッチポイントとなる。

オスローで開かれた今回は2024年最初の大会に。ティームとルーネの他には世界ランク5位のA・ルブレフ、同11位のA・デ ミノー(オーストラリア)、同12位のC・ルード(ノルウェー)、同23位のA・ブブリク(カザフスタン)、同70位のG・モンフィス(フランス)、同110位のB・ペール(フランス)、同313位のL・プイユ(フランス)が参戦している。

グループAのティームとルーネはこの日、4クォーターを終え2-2となりサドンデス方式で行われる5クォーターに突入し、2-1でルーネが勝利した。この試合、ティームはネット付近に落ちたボールに走って反応し股抜きショットで返球するスーパープレーを見せて会場を沸かせている。

大会の1日目の結果は以下の通り。

【グループA】
ルーネ 16-8, 11-14, 13-10, 11-13, 2-1 ティーム
ブブリク 16-13, 17-14, 16-17, 13-12 ティーム
ルード 6-21, 14-13, 17-12, 13-12 ルーネ

【グループB】
ルブレフ 20-12, 20-14, 22-16 ペール
デ ミノー 15-12, 17-8, 16-9 モンフィス
ペール 20-13, 15-18, 16-18, 23-15, 2-1 プイユ

【ディアドラ】3年ぶり日本再上陸
公式ストア限定で最新ウエア&シューズを発売中。