カタールOPでのシフィオンテク
画像提供:ゲッティイメージズ

女子テニスの2月12日付WTA世界ランキングが更新され、I・シフィオンテク(ポーランド)が世界ランク1位の座をキープし、1位在位通算記録を90週とした。

>>大坂 なおみvsガルシア 1ポイント速報<<

>>大坂 なおみ、シフィオンテクらドーハ組合せ<<

22歳のシフィオンテクは昨年、全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)やチャイナ・オープン(中国/北京、ハード、WTA1000)を含む5大会で優勝。しかし、全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)で4回戦敗退となると大会後の世界ランキングで75週ぶりに1位から陥落した。

それでも昨年11月の最終戦 GNPセグロス・WTAファイナルズ(メキシコ/カンクン、ハード)で圧倒的な強さを見せ大会初優勝。世界ランキングで2年連続2度目の年間1位に輝きシーズンを終えた。

今季は開幕戦となった国別対抗戦ユナイテッド・カップ(オーストラリア/パース、シドニー)に出場し、先月の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)に参戦するも3回戦でL・ノスコヴァ(チェコ)にフルセットの末に敗れている。

その後は大会に出場しなかったものの世界ランク1位を譲らず、在位通算記録が90週となった。昨年8月には在位72週で歴代単独10位となっていたが、記録を伸ばし続け、98週で単独9位に立っているL・ダベンポート(アメリカ)に迫っている。

【世界ランク1位在位通算週間歴代TOP10】
1. S・グラフ(ドイツ) 377週
2. M・ナブラチロワ(アメリカ) 332週
3. S・ウィリアムズ(アメリカ) 319週
4. C・エバート(アメリカ) 260週
5. M・ヒンギス(スイス) 209週
6. M・セレス(アメリカ) 178週
7. A・バーティ(オーストラリア) 121週
8. J・エナン(ベルギー) 117週
9. ダベンポート 98週
10. シフィオンテク 72週

なお、シフィオンテクは12日に開幕するカタール・トータルエナジー・オープン(カタール/ドーハ、ハード、WTA1000)に第1シードとして出場。初戦となる2回戦では世界ランク22位のS・シルステア(ルーマニア)と対戦する。

【ディアドラ】3年ぶり日本再上陸
公式ストア限定で最新ウエア&シューズを発売中。