ルバキナ、シフィオンテク、大坂なおみ、コリンズ
画像提供:ゲッティイメージズ

女子テニスのカタール・トータルエナジー・オープン(カタール/ドーハ、ハード、WTA1000)は14日、シングルス3回戦が行われ、第1シードのI・シフィオンテク(ポーランド)や世界ランク747位の大坂なおみらベスト8進出者が決定。なお、少なくとも1度はグランドスラム決勝を経験している8選手が準々決勝に進むこととなった。

>>大坂 なおみvsプリスコバ 1ポイント速報<<

>>大坂 なおみ、シフィオンテクらドーハ組合せ<<

第1シードとして出場し4度のグランドスラム制覇を経験している世界ランク1位のシフィオンテクは3回戦、前々週のアッパー・オーストリア・レディース・リンツ(オーストリア/リンツ、室内ハード、WTA500)で準優勝を収めた世界ランク19位のE・アレクサンドロワにストレート勝ち。大会3連覇に向けて順調に勝ち上がりを決めた。

そしてシフィオンテクと同じく四大大会で4度の優勝を誇る大坂は1回戦で第15シードのC・ガルシア(フランス)、2回戦で世界ランク67位のP・マルティッチ(クロアチア)をいずれもストレートで下し2回戦を突破。3回戦では同37位のL・ツレンコ(ウクライナ)と対戦する予定だったが試合前に棄権したため、思わぬ形で8強入りを決めた。

また、2012年・2013年に全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)を2連覇したV・アザレンカは第8シードのJ・オスタペンコ(ラトビア)を、2022年のウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)を制したE・ルバキナ(カザフスタン)は第16シードのE・ナヴァッロ(アメリカ)を下している。

その他、2016年の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)と2021年のウィンブルドンで準優勝したKa・プリスコバ(チェコ)、2021年の全米オープンで準優勝を飾ったL・フェルナンデス(カナダ)、2021年の全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)準優勝のA・パブリュチェンコワ、2022年全豪オープンのファイナリスト、D・コリンズ(アメリカ)が8強に駒を進めた。

【準々決勝の組合せ】※ドロー順

(1)シフィオンテク vs. アザレンカ
大坂なおみ vs. プリスコバ
フェルナンデス vs. (3)ルバキナ
パブリュチェンコワ vs. コリンズ

【ディアドラ】3年ぶり日本再上陸
公式ストア限定で最新ウエア&シューズを発売中。