大坂なおみ
画像提供:ゲッティイメージズ

女子テニスのカタール・トータルエナジー・オープン(カタール/ドーハ、ハード、WTA1000)は14日にシングルス3回戦が組まれ、世界ランク747位の大坂なおみは同37位のL・ツレンコ(ウクライナ)と対戦予定であったが、ツレンコの試合前棄権により大坂は不戦勝となり、WTA1000で史上2番目に低い世界ランキングでのベスト8進出を記録した。4強入りをかけた準々決勝は、日本時間15日の21時半(現地15時半)に第1試合が開始したセンターコートの第4試合に組まれている。

>>大坂 なおみvsプリスコバ 1ポイント速報<<

>>大坂 なおみ、シフィオンテクらカタールOP組合せ<<

>>【動画】大坂 なおみ 2回戦のハイライト!<<

26歳の大坂は昨年7月に出産し、今シーズンの開幕とともにツアーに復帰。開幕戦となった1月のブリスベン国際(オーストラリア/ブリスベン、ハード、WTA500)では初戦を突破し2回戦で敗退。その後の2大会はいずれも初戦で姿を消している。

復帰後4大会目となった今大会には、スペシャルランキング(出産や負傷などによる長期離脱選手の救済制度)46位を利用して出場し、1回戦で第15シードのC・ガルシア(フランス)、2回戦で世界ランク67位のP・マルティッチ(クロアチア)を下し、復帰後初の2回戦突破を決めた。

14日の3回戦で大坂は同37位のツレンコと対戦予定であったが、ツレンコが試合前に肘の負傷により棄権を表明。大坂は不戦勝となり思わぬ形で、準優勝を飾った2022年4月のマイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、WTA1000)以来、約1年10ヵ月ぶりのツアー準々決勝に進んだ。

現在世界ランク747位の大坂は、史上2番目に低いランキングでWTA1000のカテゴリーの準々決勝に進出した選手となった。なお、同記録で最も低いランキングを記録しているのは、2017年のロジャーズ・カップ(カナダ/トロント、ハード、WTA1000)で当時世界ランク934位で準決勝まで進んだS・スティーブンス(アメリカ)となっている。

女子テニス協会のWTAは公式サイトに3回戦で不戦勝となった大坂のコメントを掲載している。

「正直なところ(初戦敗退となった前週の)アブダビを終えて、少し不思議なことだけど、今は自分により自信が持てています」

「私にとって(前週の初戦敗退)は起こり得る最悪の出来事でした。最悪の事態を経験したことで、それ以外はすべてプラスだと感じています」

「(先月の)オーストラリアでは、(来週の)ドバイにしか出場しないつもりだったので、これらのトーナメントは特別な功績として受け止めなければならないと感じています」

先月の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)後の会見では、2月は18日開幕のドバイ・デューティ・フリー・テニス選手権(アラブ首長国連邦/ドバイ、 ハード、WTA1000)から出場すると話していた大坂。

当初は出場を予定していなかった前週のムバダラ・アブダビ・オープン(アラブ首長国連邦/アブダビ、ハード、WTA500)と今大会に出場したことがプラスに働いているようだ。

4強入りがかかる準々決勝で大坂は、同59位のKa・プリスコバ(チェコ)と対戦する。この試合は日本時間15日の21時半(現地15時半)に第1試合が開始したセンターコートの第4試合に組まれている。

>>大坂 なおみvsプリスコバ 1ポイント速報<<

【ディアドラ】3年ぶり日本再上陸
公式ストア限定で最新ウエア&シューズを発売中。