テニス日本リーグ
画像提供:tennis365.net

全国実業団の頂点を決める第38回テニス日本リーグの決勝トーナメントが16日に東京体育館で開幕した。

>>【動画】プリスコバが大坂 なおみ撃破!<<

>>大坂 なおみが8強カタールOP組合せ<<

日本リーグは12月に行われる1stステージ(神奈川・兵庫)と翌年1月に行われる2ndステージ(神奈川・兵庫)を勝ち抜いた男子8チーム、女子6チームが2月に開催される決勝トーナメント(東京・神奈川)に進出し、実業団の頂点を決める大会。決勝トーナメントは16日から18日かけて行われ、16日に準々決勝、17日に準決勝、18日に決勝が開催される。

各対戦はシングルス2試合とダブルス1試合で、単複ともに3セットマッチ(ファイナルセットは10ポイントマッチタイブレーク)で行われる。

昨年2月に行われた第37回大会のファイナルステージではイカイが男子2連覇。女子では島津製作所が2019年大会以来3大会ぶり6度目の優勝を果たした。

第38回テニス日本リーグの決勝トーナメント進出チームは以下の通り。

【男子】
三菱電機
ノアインドアステージ
エキスパートパワーシズオカ
橋本総業ホールディングス
伊予銀行
マイシン
レック興発
イカイ

【女子】
リコー
ノアインドアステージ
橋本総業ホールディングス
島津製作所
フクシマガリレイ
橋本総業

【ディアドラ】3年ぶり日本再上陸
公式ストア限定で最新ウエア&シューズを発売中。