トゥロター・ジェームズ
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのチャレンジャー・ラ・マンシュ(フランス/シェルブール、ハード、ATPチャレンジャー)は16日、ダブルス準決勝が行われ、トゥロター・ジェームズ/ G・ゴルドホフ(アメリカ)組が第3シードのJ・イセリ(フランス)/ C・ハリソン(アメリカ)組を7-6 (7-5), 6-4のストレートで破り、決勝進出を果たすと共にペアとしては先月のクリーブランド・オープン(クリーブランド/アメリカ、ハード、ATPチャレンジャー)に次ぐ今季2勝目に王手をかけた。

>>フリッツ、ティアフォーらデルレイビーチOP組合せ<<

>>シフィオンテク、ルバキナらドーハ組合せ<<

昨年9月のコロンバス・チャレンジャー(アメリカ/コロンバス、室内ハード、ATPチャレンジャー)でチャレンジャー大会のダブルス初タイトルを獲得した24歳のトゥロター。今年は1月のクリーブランド・オープンで決勝に駒を進めると第1シードのW・ブランバーグ(アメリカ)/ A・ローソン(アメリカ)組を下し、通算2個目のトロフィーを獲得した。

この日の第1セット、互いにブレークを許さずタイブレークに突入。先にミニブレークを許したトゥロター/ ゴルドホフ組だが怒涛の追い上げを見せて6-2とリード。4度目のセットポイントをものにして先行する。

続く第2セット、ファーストサービスが入ったときに94パーセントの高い確率でポイントを獲得したトゥロター/ ゴルドホフ組。1度もブレークポイントを与えず、リターンゲームでは第5ゲームでブレークに成功し、1時間23分で勝利した。

勝利したトゥロター/ゴルドホフ組が決勝で第2シードのI・リュタレビッチ/ V・マナフォフ(ウクライナ)組とN・シェル(ドイツ)/ R・ニーボア(オランダ)組のどちらかと対戦する。

【ディアドラ】3年ぶり日本再上陸
公式ストア限定で最新ウエア&シューズを発売中。