ベスト4進出を果たしたアルカラス
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのIEB+アルゼンチン・オープン(アルゼンチン/ブエノスアイレス、クレー、ATP250)はシングルス準々決勝が行われ、大会2連覇を狙う第1シードのC・アルカラス(スペイン)が予選から出場した世界ランク152位のA・ババソリ(イタリア)を7-6 (7-1),6-1のストレートで破り、ベスト4進出を果たした。

>>大坂 なおみが8強カタールOP組合せ<<

1月の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)では準々決勝でA・ズベレフ(ドイツ)に敗れたアルカラスは同大会以来となるツアーに参戦。昨年のIEB+アルゼンチン・オープンでは決勝でC・ノリー(イギリス)を下し優勝を飾っており、2連覇と「250ポイント」を守る戦いとなるなか、初戦の2回戦で世界ランク134位のC・ウゴ カルベリ(アルゼンチン)をストレートで下し8強入りした。

この試合の第1セット、アルカラスはファーストサービスが入る確率で84パーセントと高水準を記録。ババソリに1度もブレークを許さずにいると、タイブレークでは1ポイントしか与えず先行する。

第2セット、主導権を握ったアルカラスはファーストサービスが入ったときに72パーセントの確率でポイントを獲得。ブレークチャンスをババソリに与えることなくサービスゲームをキープし続けると、リターンゲームでは2度のブレークに成功。1時間40分で4強入りした。

男子プロテニス協会のATP公式サイトにはアルカラスのコメントが掲載されている。

「第1セット、彼(ババソリ)はとても高いレベルのプレーをしていたと思う。彼のサーブをリターンするのは本当に難しかったし、風もあって難しいコンディションだった。タフだったよ。でも、第2セットはいいプレーができたと思う。彼のサーブのレベルも少し下がったと思うし、僕はリターンを何本か入れて、チャンスをものにできた」

2連覇に向け調子を上げてきたアルカラスは準決勝で第3シードのN・ジャリー(チリ)か第6シードのT・M・エチェベリー(アルゼンチン)のどちらかと対戦する。

同日には世界ランク87位のF・アコスタ(アルゼンチン)、同106位のF・コリア(アルゼンチン)が4強へ駒を進めた。

【ディアドラ】3年ぶり日本再上陸
公式ストア限定で最新ウエア&シューズを発売中。