トゥロター(昨年の全米学生テニス選手権)
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのチャレンジャー・ラ・マンシュ(フランス/シェルブール、ハード、ATPチャレンジャー)は17日、ダブルス決勝が行われ、トゥロター・ジェームズ/ G・ゴルドホフ(アメリカ)組がN・シェル(ドイツ)/ R・ニーボア(オランダ)組を6-2, 6-3のストレートで破り、ペアとしては先月のクリーブランド・オープン(クリーブランド/アメリカ、ハード、ATPチャレンジャー)に次ぐ今季2勝目を果たした。

>>フリッツとティアフォーが決勝、デルレイビーチOP組合せ<<

>>シフィオンテクとルバキナが決勝へ ドーハ組合せ<<

昨年9月のコロンバス・チャレンジャー(アメリカ/コロンバス、室内ハード、ATPチャレンジャー)でチャレンジャー大会のダブルス初タイトルを獲得した24歳のトゥロター。今年は1月のクリーブランド・オープンで決勝に駒を進めると第1シードのW・ブランバーグ(アメリカ)/ A・ローソン(アメリカ)組を下し、通算2個目のトロフィーを獲得した。

今季2勝目が懸かるトゥロター/ ゴルドホフ組は第1セット、ファーストサービスが入ったとき86パーセントの高い確率でポイントを獲得。1度もブレークポイントを与えず、リターンゲームでは第2・第8ゲームでブレークに成功し先行する。

続く第2セット、安定したサービスゲームを展開し主導権を握るトゥロター/ ゴルドホフ組は開始から3ゲームを連取。試合を通して1度もブレークポイントを握られることなく、1時間3分で勝利した。

トゥロターにとっては昨年9月のコロンバス・チャレンジャーと先月のクリーブランド・オープンに続くキャリア3個目となるチャレンジャー大会ダブルスのタイトルとなった。

【ディアドラ】3年ぶり日本再上陸
公式ストア限定で最新ウエア&シューズを発売中。