優勝した橋本総業ホールディングス
画像提供:tennis365.net

全国実業団の頂点を決める第38回テニス日本リーグの決勝トーナメントが16日に東京体育館で開幕。最終日となった18日には決勝が行われ、女子は橋本総業ホールディングスが島津製作所を2-1で下し、2年ぶり4度目の優勝を飾った。

>>ダニエル 太郎、西岡 良仁らミフェル・テニスOP組合せ<<

日本リーグは12月に行われる1stステージ(神奈川・兵庫)と翌年1月に行われる2ndステージ(神奈川・兵庫)を勝ち抜いた男子8チーム、女子6チームが2月に開催される決勝トーナメント(東京・神奈川)に進出し、実業団の頂点を決める大会。決勝トーナメントは16日から18日かけて行われ、16日に準々決勝、17日に準決勝、18日に決勝が開催される。

各対戦はシングルス2試合とダブルス1試合で、単複ともに3セットマッチ(ファイナルセットは10ポイントマッチタイブレーク)で行われる。

この日行われた女子決勝では橋本総業ホールディングスが島津製作所の2連覇を阻止し、4度目の栄冠を手にした。

なお、同日に行われた3位決定戦では橋本総業がリコーを3-0で下し3位となった。

・女子決勝
【橋本総業ホールディングス 2−1 島津製作所】
S1 坂詰姫野 6-3, 6-2 本玉真唯
S2 岡村恭香 2-6, 6-1, [13-15] 加治遥
D 小堀桃子/ 森崎可南子 1-6, 6-4, [10-8] 桑田寛子/ 永田杏里

・女子3位決定戦
【橋本総業 3−0 リコー】
S1 瀬間詠里花 6-2, 6-3 板谷里音
S2 小林ほの香 6-1, 6-2 金井綾香
D 大前綾希子/ 奥脇莉音 7-6 (7-3), 6-4 髙橋玲奈/ 谷井涼香


準優勝の島津製作所[画像提供: tennis365.net]


3位の橋本総業[画像提供: tennis365.net]


4位のリコー[画像提供: tennis365.net]

【ディアドラ】3年ぶり日本再上陸
■公式ストアで最新ウエア&シューズ 限定発売>