優勝を飾ったシナー
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのABNアムロ世界テニス・トーナメント(オランダ/ロッテルダム、室内ハード、ATP500)は18日、シングルス決勝が行われ、第1シードのJ・シナー(イタリア)が第5シードのA・デ ミノー(オーストラリア)を7-5,6-4のストレートで破り、優勝。今季マッチ12連勝を達成するとともに、イタリア人男子史上最高となる世界ランク3位を記録することが確実となった。

>>ダニエル 太郎、西岡 良仁らミフェル・テニスOP組合せ<<

>>綿貫 陽介vsホルト 1ポイント速報<<

22歳で世界ランク4位のシナーは先月の全豪オープンで四大大会初タイトルを獲得。準決勝では第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)、決勝ではD・メドベージェフを下してトロフィーを掲げた。

今大会は全豪オープン以来のツアー参戦で、4試合に勝利して決勝に進出。決勝ではファーストサービスが入ったときに78パーセントの確率でポイントを獲得し、デ ミノーのブレークを各セット1度ずつに抑えた。

リターンゲームでは10本のサービスエースを決められながらも、計4度のブレークに成功。2時間5分でツアー12勝目をあげた。

優勝したシナーは19日に更新される世界ランキングで現在の4位から自己最高となる3位に浮上することが決定。自身の持つイタリア人男子の最高ランクを更新することとなった。

男子プロテニス協会のATP公式サイトにはシナーのコメントが掲載されている。

「この1週間を通してのプレーレベルは、本当に誇りに思う。タフな状況に陥ったが、正しい方法で対処できた。常に向上心を持ち続けることが最も重要だったね」

開幕からマッチ12戦負けなしとなったシナー、この快進撃を止める選手はだれになるのか。今後は約2週間の休養を挟み、3月6日から開幕するBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、グランドスラム)への出場を予定している。

【ディアドラ】3年ぶり日本再上陸
■公式ストアで最新ウエア&シューズ 限定発売>