優勝を果たしたアコスタ
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのIEB+アルゼンチン・オープン(アルゼンチン/ブエノスアイレス、クレー、ATP250)は18日、シングルス決勝が行われ、世界ランク87位のF・アコスタ(アルゼンチン)が第3シードのN・ジャリー(チリ)を6-3,6-4のストレートで破り、ツアー初優勝を果たした。また、2001年から行われている同大会において、2015年のR・ナダル(スペイン)に次いで史上2人目となる左利き選手の王者誕生となった。

>>ダニエル 太郎、西岡 良仁らミフェル・テニスOP組合せ<<

23歳のアコスタは今大会ワイルドカード(主催者推薦)で出場。1回戦で世界ランク38位のS・オフナー(オーストリア)、2回戦で第2シードのC・ノリー(イギリス)、準々決勝で第5シードのS・バエス(アルゼンチン)、準決勝で同106位のF・コリア(アルゼンチン)を撃破して決勝に駒を進めた。

決勝では準決勝で第1シードのC・アルカラス(スペイン)を下したジャリーと激突。アコスタはファーストサービスが入ったときに73パーセントの確率でポイントを獲得するなどジャリーにブレークを許さないプレーを披露した。

リターンゲームでは5度のブレークチャンスを創出し2度のブレークに成功。1時間44分でキャリア初タイトルを手に入れた。アコスタは今大会5試合で1セットも失うことなく完全優勝を成し遂げている。

男子プロテニス協会のATP公式サイトにはアコスタのコメントが掲載された。

「まだ信じられないよ。チームと一緒にこの瞬間を夢見てきた。このトロフィーを掲げられて、とても嬉しいよ。素晴らしいプレーができたと思うけど、どうして今週セットを失うことなく優勝できたのか、まだわからないんだ(笑)」

一方、敗れたジャリーは昨年5月のジュネーブ・オープン(スイス/ジュネーヴ、レッドクレー、ATP250)以来となるツアー4勝目とはならなかった。

【ディアドラ】3年ぶり日本再上陸
■公式ストアで最新ウエア&シューズ 限定発売>