錦織圭(画像は2023年)
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスで世界ランク347位の錦織圭が24日にSNSを更新し、元世界ランク7位のT・ヨハンソン(スウェーデン)がコーチに就任したと発表した。

>>ズベレフらミフェル・テニスOP組合せ<<

現在48歳のヨハンソンはシングルスキャリア9つ、ダブルスでは1つのツアータイトルを獲得してきた。シングルスでは2002年に全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)のトロフィーも手にしている。

錦織はX(旧Twitter)で「2024年シーズンに向けて、ヨハンソンがチーム圭に加入すると発表できて興奮している。僕らはフロリダですでに数週間、一緒に楽しい時間を過ごしてきたが、彼がチームに加わってくれて嬉しい」とコメント。

ヨハンソンも同時にXを更新し「2024年シーズン、錦織とチーム圭に加わることができてとても興奮している」とつづっている。

34歳の錦織は昨年7月に行われたアトランタ・オープン(アメリカ/アトランタ、ハード、ATP250)で8強入りしたものの、同大会で左ひざを負傷。その後、欠場が続き2023年シーズンでの復帰はかなわなかった。

それでも、2月21日にSNSに共有した動画ではベースライン上を左右に移動しながらフォアハンドのストロークを打つ練習中のビデオを掲載した。

プロテクトランキング(負傷などによる長期離脱選手の救済措置)48位を利用し大会に出場することが出来る錦織だが、今年に入り最初の四大大会である全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)を欠場したほか、3月のBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、ATP1000)の欠場が確実な状態に。ハードコートで練習を行っていることから、同サーフェスでの復帰を目指していることが伺えるが、いつ、どの大会で復帰をするかは未定となっている。

【ディアドラ】3年ぶり日本再上陸
■公式ストアで最新ウエア&シューズ 限定発売>