西岡良仁(画像は全豪OP)
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのアビエルト・メキシカーノ・テルセル・HSBC(メキシコ/アカプルコ、ハード、ATP500)は24日、シングルス予選1回戦が行われ、予選第4シードの西岡良仁がワイルドカード(主催者推薦)で出場した世界ランク824位のA・ルビオ フィエラス(メキシコ)を6-2,6-1のストレートで破り、完勝で本戦入りに王手をかけた。

>>西岡 良仁vsルビオ フィエラス 1ポイント速報<<

2試合に勝利すれば26日に開幕する本戦への出場が決まる予選。

28歳の西岡は現在行われているミフェル・テニス・オープン by テルセル・オッポ(メキシコ/ロスカボス、ハード、ATP250)に出場し1回戦で世界ランク69位のF・コボリ(イタリア)に勝利したものの、2回戦で第1シードのA・ズベレフ(ドイツ)に敗れ今大会に臨んだ。

この試合、西岡はファーストサービスが入ったときに79パーセントの確率でポイントを獲得。ルビオ フィエラスにブレークを許さないプレーを見せると、リターンゲームでは6度のブレークポイントのうち5度ブレークに繋げ快勝。1時間7分で予選決勝へ駒を進めた。

予選決勝では第7シードのT・コキナキス(オーストラリア)か世界ランク122位のM・モウ(アメリカ)のどちらかと対戦する。

同日には世界ランク138位の望月慎太郎が予選第3シードのR・ヒジカタ(オーストラリア)と1回戦を戦ったが、4-6,6-2,4-6のフルセットで敗れ予選1回戦で敗退した。

【ディアドラ】3年ぶり日本再上陸
■公式ストアで最新ウエア&シューズ 限定発売>