(左から)ダニエルとデミノー
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのアビエルト・メキシカーノ・テルセル・HSBC(メキシコ/アカプルコ、ハード、ATP500)は26日、世界ランク64位のダニエル太郎と第3シードのA・デ ミノー(オーストラリア)のシングルス1回戦がセンターコートの第2試合に組まれ現在行われている。

>>ダニエル 太郎らアカプルコ組合せ<<

>>ダニエル 太郎vsデミノー 1ポイント速報<<

両者はツアー3度目の顔合わせでデ ミノーの2勝。直近では昨年の同大会準々決勝で対戦し、ストレートでデ ミノーが勝利した。

この試合の勝者は2回戦で世界ランク37位のS・オフナー(オーストリア)とワイルドカード(主催者推薦)で出場している同493位のE・エスコベド(メキシコ)のどちらかと対戦する。

今大会は32選手が本戦入り。上位シード勢も1回戦から登場する。第1シードはA・ズベレフ(ドイツ)、第2シードはH・ルーネ(デンマーク)、第4シードはT・フリッツ(アメリカ)、第5シードはS・チチパス(ギリシャ)、第6シードはC・ルード(ノルウェー)、第7シードはT・ポール(アメリカ)、第8シードはF・ティアフォー(アメリカ)。

昨年大会はデ ミノーが決勝でポールを逆転で下し優勝を飾った。

【ディアドラ】3年ぶり日本再上陸
■公式ストアで最新ウエア&シューズ 限定発売>