西岡良仁(全豪OP)
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのアビエルト・メキシカーノ・テルセル・HSBC(メキシコ/アカプルコ、ハード、ATP500)は28日にシングルス2回戦が行われ、ラッキールーザーで出場した世界ランク82位の西岡良仁は同50位のJ・ドレイパー(イギリス)に3-6, 0-6のストレートで敗れベスト8進出を逃した。

>>西岡 良仁vsドレイパー 1ポイント速報<<

>>チチパス、ルーネらアカプルコ組合せ<<

2017年と2022年に最高成績の8強入りを記録している28歳の西岡は今大会に予選から出場。予選1回戦を突破したものの、予選決勝ではM・モウ(アメリカ)にフルセットで屈し敗退。

しかし、本戦に欠場者が出たためラッキールーザーとして3年連続5度目の本戦入りを決めると1回戦で世界ランク56位のN・ボルジェス(ポルトガル)を3-6,6-2,6-4のフルセットで下し初戦突破を決めた。

迎えた2回戦の第1セット、西岡は第2ゲームでブレークポイントを握られると最後はドレイパーにバックハンドのパッシングショットを決められブレークを許す。直後の第3ゲームで3度のブレークバックのチャンスを逃した西岡はその後もブレークをは達せず先行される。

続く第2セット、西岡は9本のウィナーを決められるなどドレイパーの勢いを止めることが出来ず、1ゲームも奪えずに1時間8分で完敗となった。

一方、勝利したドレイパーは準々決勝で同53位のM・キツマノビッチ(セルビア)と同57位のD・アルトマイアー(ドイツ)の勝者と対戦する。

【ディアドラ】3年ぶり日本再上陸
■公式ストアで最新ウエア&シューズ 限定発売>