予選1回戦を突破した西岡
画像提供:ゲッティイメージズ

20日に開幕する男子テニスのマイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、ATP1000)は18日、シングルス予選1回戦が行われ、予選第2シードで出場した世界ランク71位の西岡良仁が同178位のE・イメル(スウェーデン)を6-3,7-6 (7-4)のストレートで破り、本戦入りに王手をかけた。

>>錦織、ダニエルらマイアミOP組合せ<<

>>大坂、シフィオンテクらマイアミOP組合せ<<

2試合に勝利すると本戦入りの権利が手に入るこの予選。

28歳の西岡はBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、ATP1000)に続き2大会連続で予選から出場。BNPパリバ・オープンでは予選1回戦でシャン・ジュンチェン(中国)と対戦するも激闘の末に6-4, 6-7 (12-14), 3-6の逆転で敗れていた。

この試合、3本のサービスエースを決めるなどファーストサービスが入ったときに71パーセントの確率でポイントを獲得した西岡。セカンドサービス時のポイント獲得率も71パーセントと高い率を誇り、イメルのブレークを1度に抑えた。

リターンゲームでは2度のブレークに成功。第2セットはタイブレークを制し、1時間44分で勝利した。

予選決勝で西岡は世界ランク132位のE・ナヴァ(アメリカ)と対戦する。ナヴァは予選1回戦で第17シードのQ・アリス(フランス)をストレートで下しての勝ち上がり。

同日の予選1回戦には世界ランク143位の望月慎太郎とワイルドカード(主催者推薦)で出場した同955位の坂本怜も登場したが、それぞれ予選第19シードのD・ゴファン(ベルギー)と予選第21シードのV・コプシヴァ(チェコ)にストレートで敗れ、敗退となった。

また、今大会の本戦には世界ランク78位のダニエル太郎が本戦にストレートイン。さらに約8ヵ月ぶりのツアー復帰となる同351位の錦織圭がワイルドカードで出場する予定となっている。

[PR]錦織 圭 8カ月ぶり復帰戦 WOWOWオンデマンドでライブ配信!
3/21(木)〜4/1(月)「錦織 圭 出場! ATPツアー マスターズ1000 マイアミ」
4/1(月)〜4/7(日)「錦織 圭 出場! ATPツアー 250 ヒューストン」

■WOWOWオンデマンドはこちら>