復帰戦を戦ったハレプ
画像提供:ゲッティイメージズ

女子テニスのマイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、WTA1000)は19日にシングルス1回戦が行われ、元世界ランク1位のS・ハレプ(ルーマニア)は世界ランク80位のP・バドサ(スペイン)に6-1, 4-6, 3-6の逆転で敗れ初戦敗退となったものの、ドーピング検査違反による出場停止から約1年7ヵ月ぶりの復帰戦で善戦した。

>>【動画】元世界1位ハレプ 1年7ヵ月ぶり復帰戦のハイライト!<<

>>大坂 なおみ、シフィオンテクらマイアミOP組合せ<<

>>錦織 圭vsオフナー 1ポイント速報<<

2022年10月21日にテニスの不正監視を目的とした機関 ITIA(国際テニス インテグリティ・エージェンシー)は、四大大会2勝を含むツアー通算24勝を誇るハレプがドーピング検査で陽性反応を示したと発表。同年9月の全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)で採取した検体から使用が禁止されているロキサデュスタットが検出されたとした。

さらに、ITIAはスポーツ選手から経時的に検体を採取し解析するアスリート・バイオロジカル・パスポートでもハレプに不正があったと発表。上記2点においてハレプに4年間の出場停止処分を言い渡した。

発表からハレプは一貫して故意に禁止薬物を摂取したことを否定してきており、汚染された栄養サプリメントが原因だと主張していた。

そして先月、ハレプの控訴によりスポーツ仲裁裁判所で審理が行われると、ハレプの主張の大部分が認められ、4年間の出場停止処分が9ヵ月に大幅に軽減された。

この処分は暫定的に出場停止となった2022年10月7日が開始日となるため、処分はすでに終了しており、ハレプは即時に競技に復帰することが出来るようになっていた。

その後マイアミ・オープンからワイルドカード(主催者推薦)を受取ったハレプは、約1年7ヵ月ぶりにツアーに復帰することが決まった。

迎えたこの日の復帰戦、ハレプは元世界ランク2位で現在は世界ランク80位のバドサと対戦。ハレプは第1セットを力強いプレーで獲得し先行するも、第2・第3セットを奪われ逆転で敗れた。

女子テニス協会のWTA公式サイトにはハレプのコメントが掲載されている。

「エモーショナルではあったけど、ポジティブな感情だったわ。観客が応援してくれて、とてもうれしかった。ほとんどの人が予想していなかったほど、テニスのレベルはかなり良かった」

「今日は良いプレーができたと思う。戻ってきて最初の試合に満足している。正直、今日は特別な日だったと思うわ」

「(復帰は思っていたよりも)とても早かった。実は判決から何が起こるかわからなかったし、何も計画していなかったの。すこし待って、それから計画を立てようと言っていた。テニスへの愛が私をここに導いてくれた。ここにきて、改めてスポーツへの愛を感じたわ」

「家に帰ったら、テニスのレベルはとても高いし、もっと練習しなければならない。テニスはとてもパワフルで、対処できるか少し心配だった。でもそんなに悪くなかったわ。まだ最初の試合だしね」

一方、勝利したバドサは2回戦で第2シードのA・サバレンカと対戦する。今大会はシード勢が1回戦免除のためサバレンカはこの試合が初戦となる。

[PR]錦織 圭 8カ月ぶり復帰戦 WOWOWオンデマンドでライブ配信!
3/21(木)〜4/1(月)「錦織 圭 出場! ATPツアー マスターズ1000 マイアミ」
4/1(月)〜4/7(日)「錦織 圭 出場! ATPツアー 250 ヒューストン」

■WOWOWオンデマンドはこちら>


【ディアドラ】3年ぶり日本再上陸
■公式ストアで最新シューズ&ウエア発売中>