内島萌夏(2023年)
画像提供:ゲッティイメージズ

女子テニスのメガサレイホテル オープン(トルコ/アンタルヤ、クレー、WTA125)は30日にシングルス準決勝が行われ、世界ランク151位の内島萌夏は第4シードのI・C・ベグ(ルーマニア)に5-7, 2-6のストレートで敗れ、決勝進出とはならなかった。

>>シナー、ディミトロフらマイアミOP組合せ<<

>>ルバキナらマイアミOP組合せ<<

22歳の内島は今季、ツアー下部大会を中心に転戦。今年初のクレーコートでの大会となった今大会は、1回戦で同184位のV・エルヤベッチ(スロベニア)、2回戦で第2シードのD・セメニスタヤ(ラトビア)、準々決勝で同172位のZ・ソンメズ(トルコ)を下し4強入りした。

準決勝の第1セット、両者2度ずつブレークを奪い合い迎えた第9ゲームで内島がこの試合3度目のブレークに成功。しかし、サービング・フォー・ザ・セットとなった第10ゲームで1度のセットポイントを逃がしブレークバックを許すと、このゲームから3ゲームを連取され先行される。

続く第2セット、序盤は両者キープを続けたものの、内島は第5ゲームから4ゲーム連取を許し2時間1分で敗れた。

勝利したベグは決勝で第5シードのJ・ブザス・マネイロ(スペイン)とタイトルをかけ対戦する。

[PR]WOWOWオンデマンドでライブ配信!
3/21(木)〜4/1(月)「ATPツアー マスターズ1000 マイアミ」
4/1(月)〜4/7(日)「ATPツアー 250 ヒューストン」

■WOWOWオンデマンドはこちら>


【ディアドラ】3年ぶり日本再上陸
■公式ストアで最新シューズ&ウエア発売中>