マイアミOPを制したシナー
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのマイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、ATP1000)は3月31日、シングルス決勝が行われ、第2シードのJ・シナー(イタリア)が第11シードのG・ディミトロフ(ブルガリア)を6-3,6-1のストレートで破り、大会初優勝を飾るとともに今季3度目のツアー制覇を果たした。試合後、シナーのコーチの一人であるダレン・ケーヒル氏は「彼はもっと良くなれる」と明かした。

>>【動画】シナーがディミトロフを破りマイアミOPで初優勝した瞬間<<

22歳で世界ランク3位のシナーは準決勝で昨年王者で第3シードのD・メドベージェフにストレートで勝利し決勝に進出。また、今年は全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)などで優勝しており、マッチでの敗戦はBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、ATP1000)準決勝でのC・アルカラス(スペイン)戦のみで、21勝1敗という驚異的な成績を残し優勝に王手をかけた。

決勝戦、第4ゲームで訪れたブレークポイントを凌ぎ切ったシナーは直後の第5ゲームでブレークに成功。その後はファーストサービスが入ったときに100パーセントの確率でポイントを獲得するなどディミトロフに挽回を許さず。第9ゲームではブレークポイントとなるセットポイントを握ると最後はラリー戦からバックハンドのダウンザラインを決め、第1セットを先取した。

第2セットも流れを渡さなかったシナーは第4ゲームで先にブレークを奪うと、ディミトロフに最後までブレークを許すことなく1時間13分で快勝。1月の全豪オープン、2月のABNアムロ世界テニス・トーナメント(オランダ/ロッテルダム、室内ハード、ATP500)に続く今季3勝目をあげた。

シナーにとっては昨年8月のナショナル・バンク・オープン(カナダ/トロント、ハード、ATP1000)以来2度目の「ATP1000」のタイトル獲得に。また、4月1日付けの世界ランキングでアルカラスを抜き自己最高を更新する世界ランク2位へと浮上した。

男子プロテニス協会のATPは公式サイトにシナーのコーチの一人であるケーヒル氏のコメントを掲載し次のように語った。

「彼は素晴らしいプレーをしているし、今日の彼のレベルは凄まじかった。でも、彼はもっと良くなれる。より精錬され少し年齢を重ね、強く、速く、そして賢くなるにつれ、それら全てのことが彼のゲームに現れる。僕らは彼のサーブやテンポの速いゲーム、スライス・バックハンド、フォアハンドの方向性、サーブのリターンを改善することに取り組んできた」

「これ(改善する姿勢)はN・ジョコビッチ(セルビア)の素晴らしいところでもある。36歳のノヴァークはまだ自分のゲームの改善を模索しており、私たちは彼が調整を行っていることを知っている。メドベージェフもそうだし、カルロス(アルカラス)はサーブの改善に取り組み続けている。それは誰にとっても普通のことなんだ」

「今、どのコートで、どの選手と対戦しても彼はリスペクトを忘れることはないが、恐れることもない。それは本当に重要なことで、そこに足を踏み入れたとき、ベストを尽くす準備ができているということなんだ」

一方、敗れたディミトロフは1月のブリスベン国際(オーストラリア/メルボルン、ハード、ATP250)に次ぐとなるツアー通算10勝目をあげることはできなかったものの、4月1日付けの世界ランキングで2018年10月以来となる約5年5ヵ月ぶりのトップ10復帰を果たしている。


【ディアドラ】3年ぶり日本再上陸
■公式ストアで最新シューズ&ウエア発売中>