マイアミOPを制したコリンズ
画像提供:ゲッティイメージズ

女子テニスの4月1日付WTA世界ランキングが更新され、前週のマイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、WTA1000)でツアー通算3度目の優勝を果たすとともに「WTA1000」大会初のタイトルを掲げたD・コリンズ(アメリカ)が前回から31上げて22位に大きくジャンプアップした。

>>【動画】今季引退のコリンズ、マイアミOP初優勝の瞬間<<

30歳で元世界ランク7位のコリンズは今年1月の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)敗退後に2024年シーズンで現役を引退することを発表。その後は2月のカタール・トータルエナジー・オープン(カタール/ドーハ、ハード、WTA1000)とATXオープン(アメリカ/オースティン、ハード、WTA250)で8強入りした。

そして迎えたマイアミ・オープンでは第30シードのA・ポタポヴァ、第19シードのS・シルステア(ルーマニア)、第23シードのC・ガルシア(フランス)、第14シードのE・アレクサンドロワらを下し決勝進出。最後は第4シードのE・ルバキナ(カザフスタン)をストレートで破り、自身最大のタイトルを獲得した。

また、世界ランク53位での同大会制覇は、2005年に当時同38位でトロフィーを掲げたK・クレイステルス(ベルギー)を抜き、最も低い世界ランキングでの優勝に。さらにコリンズにとっては2021年8月のムバダラ・シリコン・バレー・クラシック(アメリカ/サンノゼ、ハード、WTA500)以来 約2年8か月ぶりのトロフィー獲得となった。

この結果、今回の世界ランキング更新でコリンズは31上げて22位に大きくランクアップ。アメリカ勢では世界ランク3位のC・ガウフ(アメリカ)、同5位のJ・ペグラ(アメリカ)、同18位のM・キーズ(アメリカ)、同20位のE・ナヴァッロ(アメリカ)に次ぐ5番手となった。


【ディアドラ】3年ぶり日本再上陸
■公式ストアで最新シューズ&ウエア発売中>