(左から)島袋将と内山靖崇
画像提供:tennis365.net

男子テニスのVitro釜山・オープン(韓国/釜山、ハード、ATPチャレンジャー)は10日、ダブルス1回戦が行われ、島袋将/ 内山靖崇ペアがM・ベルッチ(イタリア)/ M・エチャルギ(チュニジア)ペアを3-6, 6-2,[10-6]の逆転で下し、初戦突破を果たすとともに、ベスト8進出を果たした。

>>ジョコビッチ、シナーらモンテカルロMS組合せ<<

島袋と内山は前日にシングルス1回戦で対戦しており、内山が6-3, 6-0のストレートで勝利し2回戦に進んだ。

そして一夜明け、両者はダブルスでペアを組み1回戦に登場。

この試合の第1セット、島袋と内山は2度のブレークを許し先行される。それでも、第2セットでは第1ゲームと第7ゲームで2度のブレークに成功し、1セットオールに追いつく。

迎えた10ポイントマッチのタイブレークで争われるファイナルセット、島袋と内山は序盤で3ポイントを連取するなどし6-2とリードすると、最後までこのリードを守り切り1時間12分で8強入りを決めた。

島袋と内山は準々決勝で、第2シードの松井俊英/ 上杉海斗ペアとワイルドカード(主催者推薦)で出場しているホン・ソンチャン(韓国)/ クォン・スンウ(韓国)ペアの勝者と対戦する。


【ディアドラ】3年ぶり日本再上陸
■公式ストアで最新シューズ&ウエア発売中>