勝利したジョコビッチ
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのロレックス・モンテカルロ・マスターズ(モナコ/モンテカルロ、レッドクレー、ATP1000)は11日にシングルス3回戦が行われ、第1シードのN・ジョコビッチ(セルビア)が世界ランク24位のL・ムセッティ(イタリア)を7-5, 6-3のストレートで下し、5年ぶり10度目のベスト8進出を果たした。

>>ジョコビッチvsムセッティ 1ポイント速報<<

>>ジョコビッチ、シナーらモンテカルロMS組合せ<<

世界ランク1位で36歳のジョコビッチが同大会に出場するのは17度目。2013年と2015年には優勝を飾っている。

今大会は上位8シードが1回戦免除のため、ジョコビッチは2回戦からの登場。初戦となった2回戦では同41位のR・サフィウリンを下し3回戦に進んだ。

そしてこの日の3回戦では、昨年の同大会3回戦で敗れた22歳のムセッティと顔を合わせることとなった。

2回戦後の会見で「もう一度彼(ムセッティ)と対戦できることを心から願っている」と述べていたジョコビッチはこの試合の第1セット、第1ゲームで先にブレークを許しリードされる。ドロップショットなどを駆使するムセッティからなかなかチャンスを握れずにいたジョコビッチだったが、第8ゲームでブレークバックに成功し追いつく。

その後迎えた第12ゲームでは、このセット2度目のブレークポイントを握ると、ここでムセッティが痛恨のダブルフォルトを犯しジョコビッチが第1セットを獲得する。

続く第2セット、両者2度ずつブレークを奪い合う激しい展開となるも、第8ゲームでジョコビッチがリターンエースを決めこのセット3度目のブレークに成功。その後の第9ゲームをキープしたジョコビッチが、昨年の雪辱を果たし8強入りを決めた。

勝利したジョコビッチは準々決勝で第11シードのA・デ ミノー(オーストラリア)と対戦する。デ ミノーは3回戦で同46位のA・ポピリン(オーストラリア)を下しての勝ち上がり。

[PR]4/12(金)、13(土)「女子テニス国別対抗戦ビリー・ジーン・キング・カップ ファイナル予選 日本vsカザフスタン」
4/15(月)開幕「男子テニスATPツアー500 バルセロナ」
WOWOWオンデマンドでライブ配信!

■WOWOWオンデマンドはこちら>


【ディアドラ】3年ぶり日本再上陸
■公式ストアで最新シューズ&ウエア発売中>