(左から)柴原と青山
画像提供:tennis365.net

女子テニスの国別対抗戦 ビリー・ジーン・キング・カップ by ゲインブリッジ(日本/東京、ハード)ファイナル予選「日本vsカザフスタン」は13日、第4試合のダブルスが行われ、青山修子/ 柴原瑛菜組、A・ダニリナ(カザフスタン)/ Z・クランバエワ(カザフスタン)組6-7 (7-9), 6-3, [9-11]のフルセットで敗れ、敗北。日本は最終結果3勝1敗で対戦を終えた。

>>【随時更新】BJK杯「日本vsカザフスタン」フォトギャラリー<<

>>ジョコビッチ、シナーらモンテカルロMS組合せ<<

有明コロシアムで行われる今回のファイナル予選。勝利したチームは今年11月のファイナルへの出場権を獲得できるが、負ければ同じタイミングで開催されるプレーオフに回ることとなる。

試合は12日にシングルス2試合、13日にシングルス2試合とダブルス1試合で決着がつけられる(※ルールにより2日目は、試合数ならびに試合形式が変更となる場合もある)。

12日に行われたシングルス2試合で、日本は世界ランク79位の日比野菜緒と同193位の大坂なおみが勝利し2勝をあげ、勝利に王手をかけている状態で2日目を迎えたなか、第3試合に登場した日比野が同50位のY・プチンセワ(カザフスタン)をフルセットで撃破し日本が勝利。消化試合となったものの、ダブルスが第4試合に行われることとなった。

この試合、序盤からブレークの奪い合いとなると、3度ずつブレークを取りタイブレークに突入。ここでもミニブレークの応酬となるが、最後はカザフスタンペアに先行を許し第1セットを落とした。

第2セット、第7ゲームでこのセット初のブレークに成功した日本ペアはそのリードを守り切りセットカウント1−1に追いつくと、10ポイント制のマッチタイブレ―クで競われるファイナルセットでは先に2度のマッチポイントを握られるもこれを凌ぐ、しかし最後は柴原のボレーがネットにかかり、1時間52分で敗北となった。

この結果、日本は3勝1敗でこの対戦を終えることとなった。

【12日(金)】
第1試合
日比野菜緒 6-1, 6-0 A・ダニリナ

第2試合
大坂なおみ 6-2, 7-6 (7-5) Y・プチンセワ

【13日(土)】
第1試合
日比野菜緒 6-4,3-6,7-6 (9-7) Y・プチンセワ

第2試合
大坂なおみ (中止) A・ダニリナ

第3試合
柴原瑛菜/ 青山修子 6-7 (7-9), 6-3, [9-11] A・ダニリナ/ Z・クランバエワ(カザフスタン)

【日本代表メンバー】

日比野菜緒(単79位)
本玉真唯(単119位)
大坂なおみ(単193位)
柴原瑛菜(複21位)
青山修子(複20位)

監督:杉山愛

【カザフスタン代表メンバー】

Y・プチンセワ(単50位)
Z・クランバエワ(単483位、複142位)
A・サガンジコワ(カザフスタン)(単804位)
A・ダニリナ(複54位)
Z・ディアス(カザフスタン)(ランク無し)

監督:ユリー・シュキン

[PR]4/12(金)、13(土)「女子テニス国別対抗戦ビリー・ジーン・キング・カップ ファイナル予選 日本vsカザフスタン」
4/15(月)開幕「男子テニスATPツアー500 バルセロナ」
WOWOWオンデマンドでライブ配信!

■WOWOWオンデマンドはこちら>


【ディアドラ】3年ぶり日本再上陸
■公式ストアで最新シューズ&ウエア発売中>