勝利したコスチュク
画像提供:ゲッティイメージズ

女子テニスのポルシェ・テニス・グランプリ(ドイツ/シュトゥットガルト、室内クレー、WTA500)は19日にシングルス準々決勝が行われ、世界ランク27位のM・コスチュク(ウクライナ)が第3シードのC・ガウフ(アメリカ)を3-6, 6-4, 7-6 (8-6)の逆転で破り、3大会連続でベスト4進出を果たした。試合後コスチュクは「信じられないような結末になった」と語った。

>>チチパス、ルードらバルセロナOP組合せ<<

1月の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)で四大大会初の8強入りを果たした21歳のコスチュク。3月はCymbiotika サンディエゴ オープン(アメリカ/サンディエゴ、ハード、WTA500)で準優勝、BNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、WTA1000)で4強と好成績を収め今大会に臨んだ。

世界ランク3位のガウフとの顔合わせとなったこの日の準々決勝、コスチュクは第1セットを落とすも、ブレーク合戦となった第2セットで相手の3度を上回る5度のブレークに成功し、1セットオールに追いつく。

迎えたファイナルセット、両者2度ずつブレークを奪い合い勝負はタイブレークにもつれ込む。このタイブレークでコスチュクは3度のミニブレークに成功し、2時間48分の激闘に勝利するとともに、直近で出場した3大会連続で4強入りを果たした。

女子テニス協会のWTA公式サイトにはコスチュクのコメントが掲載されている。

「とても激しい試合だった。試合の最初は、本当に調子が悪かったと思う。自分をコントロールする方法が見つからなかったの」

「第2セットは彼女(ガウフ)がいくつかアンフォーストエラーを犯して、私はそれをものにした。第3セットは最初のいくつかチャンスを活かせなかった。ちょっとしたジェットコースターのような試合だったけど、本当に信じられないような結末になったわ」

勝利したコスチュクは準決勝で第6シードのM・ボンドロウソワ(チェコ)と対戦する。ボンドロウソワは準々決勝で第2シードのA・サバレンカを下しての勝ち上がり。

同日には第1シードのI・シフィオンテク(ポーランド)と第4シードのE・ルバキナ(カザフスタン)が4強入りした。

[PR]4/15(月)〜21(日)「男子テニスATPツアー500 バルセロナ」
4/24(水)開幕「男子テニスATPツアーマスターズ1000 マドリード」
WOWOWオンデマンドでライブ配信!

■WOWOWオンデマンドはこちら>


【ディアドラ】3年ぶり日本再上陸
■公式ストアで最新シューズ&ウエア発売中>