第1シードはヤニック・シナー
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのムチュア・マドリッド・オープン(スペイン/マドリッド、レッドクレー、ATP1000)は22日にシングルスの組合せを公開し、第1シードはJ・シナー(イタリア)、第2シードはC・アルカラス(スペイン)となった。また、プロテクトランキング(負傷などによる長期離脱選手の救済措置)で出場する元世界ランク1位のR・ナダル(スペイン)は1回戦、ワイルドカード(主催者推薦)で出場するD・ブランチ(アメリカ)と対戦することが決まった。

>>シナー、アルカラス、西岡 良仁、ダニエル 太郎らマドリッドOP組合せ<<

>>大坂 なおみ、日比野 菜緒、シフィオンテクらマドリッドOP組合せ<<

24日に本戦開幕を迎える今大会には世界ランク1位のN・ジョコビッチ(セルビア)は出場せず。2年連続で欠場することが決定した。これにより、第1シードには同2位のシナー、第2シードには大会2連覇中の同3位アルカラスが入ることとなった。

さらに前週のバルセロナ・オープン・バンコ・サバデル(スペイン/バルセロナ、レッドクレー、ATP500)で約3か月ぶりにツアー復帰を果たしたナダルは1回戦で16歳のブランチと対戦することが決定。この試合に勝利した場合、2回戦ではバルセロナ・オープン・バンコ・サバデルで敗れたA・デ ミノー(オーストラリア)と顔を合わせることとなる。

また、日本勢では世界ランク78位の西岡良仁と同85位のダニエル太郎が本戦にストレートイン。1回戦で西岡は同35位のF・オジェ アリアシム(カナダ)と、ダニエルは同62位のA・ブキッチ(オーストラリア)と対戦する予定。


【ディアドラ】3年ぶり日本再上陸
■公式ストアで最新シューズ&ウエア発売中>