第2シードのアルカラス
画像提供:ゲッティイメージズ

男子テニスのムチュア・マドリッド・オープン(スペイン/マドリッド、レッドクレー、ATP1000)に第2シードとして出場する世界ランク3位のC・アルカラス(スペイン)が大会前の記者会見に登場。史上初の3連覇がかかる同大会に向けた思い、そして最大のライバルとされる同2位のJ・シナー(イタリア)の存在を語った。

>>大坂vsミネン 1ポイント速報<<

>>大坂 なおみ、日比野 菜緒、シフィオンテクらマドリッドOP組合せ<<

>>シナー、アルカラス、西岡 良仁、ダニエル 太郎らマドリッドOP組合せ<<

20歳のアルカラスは今季、3月のBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、ATP1000)で2連覇を達成しツアー通算13勝目を飾った。しかし、マイアミ・オープン(アメリカ/マイアミ、ハード、ATP1000)で準々決勝敗退となるとロレックス・モンテカルロ・マスターズ(モナコ/モンテカルロ、レッドクレー、ATP1000)、そして2連覇中だったバルセロナ・オープン・バンコ・サバデル(スペイン/バルセロナ、レッドクレー、ATP500)を右腕の負傷により欠場した。

大会3連覇がかかる今大会、アルカラスは「この大会で100パーセントの力を発揮することは、僕にとって本当に重要なことなんだ。ここでのプレーは特別で、多くの家族や友人たちが僕の試合を観に来てくれる大会。ホームの観衆の前でプレーするのは本当に特別なことだ。観客に僕のテニスを楽しんでもらうためにも、そして自分自身にもここでいい結果を出すチャンスを与えるためにも、100パーセントのプレーをしたいね。もちろん、ラファ(ナダル)と決勝を戦えたら最高だけど、それは長い道のりになる」とコメント。

また、今大会第1シードで出場するシナーについても語った。

「彼は危険だ。今、世界最高の選手だ。彼のテニスはクレーに合わないと思っている人もいると思うが、クレーでも結果を残しているよ。どの大会でも勝てるし、僕だって彼やノヴァーク(ジョコビッチ)と世界1位の座を争っている。でも、正直言ってタフな戦いだ」

初戦となる2回戦でアルカラスは世界ランク59位のA・シェフチェンコ(カザフスタン)と同77位のA・リンデルクネシュ(フランス)のどちらかと対戦する。


【ディアドラ】3年ぶり日本再上陸
■公式ストアで最新シューズ&ウエア発売中>