本玉真唯、内島萌夏、内藤祐希の3人がウィンブルドン予選に挑む

6月20日、ウィンブルドンの女子シングルス予選組み合わせが発表され、日本人では本玉真唯(島津製作所/世界ランク138位)、内島萌夏(フリー/同180位)、内藤祐希(亀田製菓/同193位)の3人が名を連ねた。



今年の全豪オープンで予選決勝に進み、グランドスラム初の本戦入りまであと一歩と迫った本玉は第9シードとして予選に出場。初戦でアンドレア・ラザロ・ガルシア(スペイン/同201位)と対戦する。

今季ITF大会で2勝を挙げている内島は、グランドスラム初挑戦となった全仏オープンで予選決勝に進出。今大会予選1回戦では、予選第16シードのフィオナ・フェロ(フランス/同150位)と対戦する。

また、内島と同じく全仏オープンで予選決勝に進んでいる内藤は、初戦でステファニー・ワグナー(ドイツ/同295位)と対戦することとなった。

3人はいずれもウィンブルドン初挑戦。今大会予選は、20日から23日まで行われ、3試合を勝ち抜くと本戦に出場することができる。

なお、女子シングルス本戦には、土居美咲(ミキハウス/同100位)がストレートインを果たしている。

<6月21日の日本人選手試合予定>
【日本人女子シングルス予選1回戦】
・コート2(第1試合は日本時間19時開始)
第2試合:内藤祐希(亀田製菓/同193位) vs. アンドレア・ラザロ・ガルシア(スペイン/同201位)

・コート5(第1試合は日本時間19時開始)
第1試合:本玉真唯(島津製作所/同138位)[9] vs. ステファニー・ワグナー(ドイツ/同295位)

・コート14(第1試合は日本時間19時開始)
第3試合:内島萌夏(フリー/同180位) vs. フィオナ・フェロ(フランス/同150位)[16]

著者:Tennis Classic 編集部