リバキナが大逆転でグランドスラム初優勝

現地7月9日、ウィンブルドン女子シングルス決勝が行われ、第3シードのオンス・ジャバー(チュニジア/世界ランク2位)と第17シードのエレナ・リバキナ(カザフスタン/同23位)が対戦。リバキナが3-6、6-2、6-2で下し、カザフスタン選手として初めてのグランドスラム優勝を果たした。



第2シードのジャバーは、今大会初戦からストレート勝ちでベスト8入り。準々決勝のマリー・ボウズコワ(チェコ/同66位)、準決勝のタチアナ・マリア(ドイツ/同103位)とフルセットの戦いを制し、アフリカ大陸出身では初めてのグランドスラム決勝に進出している。

一方、リバキナは準々決勝のアイラ・トムヤノビッチ(オーストラリア/同44位)戦で1セットを落としたのみと好調。カザフスタン人選手として、初めてグランドスラムタイトルをかけて戦った。

技で相手をかわしていくジャバーと、パワフルなショットでペースを作っていくリバキナの試合は、リバキナのサービスゲームでスタート。互いに最初のサービスゲームをキープして迎えた第3ゲーム、ジャバーがリバキナのサーブに食らいついてラリー戦に持ち込むと、スライスを織り交ぜながらリバキナの攻撃をかわし、最初のブレークに成功する。その後もリターンゲームでプレッシャーをかけ続けたジャバー。リバキナのミスも重なり、第9ゲームもブレークして6-3で第1セットを奪った。

だが、リバキナも第2セットに本来の調子を取り戻し、強烈なストロークを放つ。互いにブレークポイントを握り合う展開となったが、その中でリバキナが勝負強く2ブレークを奪って、第2セットを6-2で取り返した。

どちらが勝ってもウィンブルドン初優勝。大一番となった決勝は、最終セットに持ち込まれた。その勝負の最終セット、第2セットを奪い勢いに乗るリバキナが攻め抜いて、第1ゲームでブレークする。

その後、第6ゲームでジャバーがドロップショットや相手の頭上をきれいに抜くロブショットで0-40と3本のブレークポイントを握る。だが、リバキナは決して下を向かず5連続ポイントでキープ。ピンチを乗り越えたリバキナは、第7ゲームもブレークし、5-2とリードを広げ、サービング・フォー・ザ・チャンピオンシップとなった第8ゲームをキープし、カザフスタン選手として初となるグランドスラム初優勝を果たした。


■ウィンブルドン2022
[THE CHAMPIONSHIP WIMBLEDON]
・大会日程/2022年6月27日(月)〜7月10日(日)
・開催地/イギリス・ウィンブルドン:オールイングランド・ローンテニス・アンド・クローケー・クラブ(時差8時間)
・賞金総額/4,035万ポンド(66億6,160万円)
・男女シングルス優勝賞金/200万ポンド(3億3,030万円)
・サーフェス/グラス(芝)コート
・TV中継・放送予定/WOWOW、NHK



著者:Tennis Classic 編集部