大坂なおみ、1回戦で中国の19歳ジェンと対戦

8月1日に開幕する「ムバダラ・シリコンバレー・クラシック」(アメリカ・サンノゼ/WTA500)は、シングルス組み合わせを発表。世界ランク40位の大坂なおみ(フリー)は、1回戦でジェン・チンウェン(中国/同49位)と対戦することが決まった。



クレーコート・シーズンで左アキレス腱を痛めた大坂は、全仏オープンで初戦敗退。その後の回復も思わしくなくウィンブルドンを含む芝シーズンを欠場した。今大会は、コーチのウィム・フィセッテ氏と関係を解消してから初めての大会で、約2ヵ月半ぶりの実戦となる。

大坂にとって同大会は、2014年に当時世界ランク406位で予選から出場しツアー本戦デビューを果たした大会。さらに、2回戦で敗れたものの、1回戦で当時世界19位のサマンサ・ストーサー(オーストラリア)を4-6、7-6(7)、7-5で下し、うれしいツアー初勝利を挙げている。今大会は2017年以来5年ぶりの出場だ。

その1回戦で対戦するのは、シーズン開幕時の126位から大きくランキングを上げている19歳のジェン。1月のWTA250メルボルン大会でツアー4強入りを果たすと、全豪オープンで予選を突破しグランドスラムのデビュー戦初勝利を挙げた。

さらに、全仏オープンではシモーナ・ハレプ(ルーマニア/同16位)などを破ってベスト16入り。4回戦では、世界ランク1位のイガ・シフォンテク(ポーランド)に敗れはしたものの、1セット奪って現女王を慌てさせた。

両者の対戦は初めてで、大会はツイッターで8月2日のデイセッションで行われると発表している。

この試合の勝者は、2回戦で第6シードのココ・ガウフ(アメリカ/同11位)とアンヘリーナ・カリニナ(ウクライナ/同50位)の勝者と対戦する。

著者:Tennis Classic 編集部