3ヵ月ぶりに勝利を挙げた大坂なおみは39位に浮上

8月8日、WTAは世界ランキングを更新。大坂なおみ(フリー)は前週から2つ上げた39位に、土居美咲(ミキハウス)も2つ上げて98位となっている。



クレーコート・シーズン初戦の「ムチュア・マドリード・オープン」で左アキレス腱を痛めた大坂は、その後の回復も思わしくなくウィンブルドンを含む芝シーズンを欠場。

前週行われた「ムバダラ・シリコンバレー・クラシック」(アメリカ・サンノゼ/WTA500)で復帰し、1回戦でジェン・チンウェン(中国/同51位)にフルセットで勝利。3ヵ月ぶりにツアー勝利を挙げた。2回戦でココ・ガウフ(アメリカ/同11位)に敗れたものの、ランキングを2つ上げて39位としている。

今週は「ナショナル・バンク・オープン」(カナダ・トロント/WTA1000)に出場しており、1回戦でカイア・カネピ(エストニア/同31位)と対戦。9日のセンターコート第3試合(第1試合は日本時間10日0時開始)に組まれている。

なお、「ムバダラ・シリコンバレー・クラシック」で優勝したのはダリア・カサトキナ。初戦でウィンブルドンチャンピオンのエレナ・リバキナ(カザフスタン/同27位)を破ると、準々決勝でアリーナ・サバレンカ(同6位)、準決勝でパウラ・バドサ(スペイン/同3位)、決勝でシェルビー・ロジャーズ(アメリカ/同30位)を下し、今季初めてのタイトルを獲得し、自己最高となる9位につけている。

前週行われたもう一つの「シティ・オープン」(アメリカ・ワシントンDC/WTA250)ではリュドミラ・サムソノワが、カネピを4-6、6-3、6-3で下し、ツアー2勝目。42位にランキングを上げている。

著者:Tennis Classic 編集部