センターコートは注目カードが目白押し! 4強入りを果たすのは誰だ

USオープンは現地9月7日に大会10日目を迎え、男女シングルスやダブルス、混合ダブルスの準々決勝などが行われる。また、この日から車いすテニスがスタートし、日本勢では年間グランドスラムを懸けて今大会に挑む国枝慎吾(ユニクロ/車いす世界ランク1位)らが登場する。



センターコートのアーサー・アッシュ・スタジアムのデイセッションでは、第1試合でグランドスラム初制覇を狙うアリーナ・サバレンカ(女子世界ランク6位)と元世界ランク1位で2016年ファイナリストのカロリーナ・プリシコワ(チェコ/同22位)が対戦。続く第2試合では、アンドレイ・ルブレフ(男子同11位)と4回戦でラファエル・ナダル(スペイン/男子同3位)を破ったフランシス・ティアフォー(アメリカ/男子同26位)の一戦が行われる。

また、ナイトセッション第1試合には女王のイガ・シフォンテク(ポーランド/女子同1位)と地元アメリカのジェシカ・ペグラ(女子同8位)の試合。第2試合では、今大会終了後に世界ランク1位に立つ可能性がある19歳のカルロス・アルカラス(スペイン/男子同4位)が登場し、現在2連敗を喫している20歳のヤニック・シナー(イタリア/男子同13位)と対戦する。

また、今年からドロー数が拡大されることとなった車いすテニスも開幕。全豪オープン、全仏オープンを制し、ウィンブルドンで生涯ゴールデンスラムを達成した国枝が1回戦に登場し、年間グランドスラムを懸けて今大会の初戦に臨む。

その他、男子では第4シードに入った小田凱人(東海理化/車いすテニス同4位)や同10位の三木拓也(トヨタ自動車)、女子では車いすテニス世界ランク2位の上地結衣(三井住友銀行)、同8位の大谷桃子(かんぽ生命保険)、同9位の田中愛美(長谷工コーポレーション)、同14位の船水梓緒里(三菱商事)、同15位の高室冴綺(スタートライン)らが登場する。

ジュニアでは、現地6日に雨の影響で順延となっていた坂本怜(誉高)や木下晴結(LYNX TA大阪)らのダブルスが行われる予定となっている。

■USオープン2022
・大会日程/2022年8月29日(月)〜9月11日(日)
・開催地/USTAビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニス・センター(時差13時間)
・賞金総額/6,010万ドル(81億7,390万円)
・男女シングルス優勝賞金/260万ドル(3億5,360万円)
・サーフェス/ハードコート(レイコールド)
・使用球/[男子]ウイルソン「USオープン・エキストラ・デューティ」、[女子]ウイルソン「USオープン・レギュラー・デューティ」



著者:Tennis Classic 編集部