添田豪新監督の初陣は、ポーランドとワールドグループ1部プレーオフに

9月20日、男子国別対抗戦「デビスカップ by Rakuten」ワールドグループ1部プレーオフの組み合わせ抽選が行われ、日本はポーランドとの対戦が決まった。



先週、ワールドグループ1部でウズベキスタンとの対戦した日本。第1試合で島袋将(有沢製作所)が元世界ランク33位のデニス・イストミンから勝利を挙げたものの、その後の望月慎太郎(IMG Academy)、島袋のシングルス、綿貫陽介(フリー)/上杉海斗(江崎グリコ)のダブルスで勝ち星を挙げられず1勝3敗で敗れ、ワールドグループ1部プレーオフに回ることとなった。

今季限りで岩渕聡監督が退任し、来年から全日本選手権での引退する元世界ランク47位の添田豪が新監督に就任。「自分のデ杯での経験上、良いプレー、良い結果をもたらす時というのは気持ち的にもポジティブで、緊張感から逃げずに戦った時。その部分を戦う選手に伝えていきたい」と自身の経験も踏まえて、チーム作りをしていきたいと語った。

初陣となるポーランドとの試合は、2023年2月3日・4日、または4日・5日に日本(開催地未定)で開催予定となっている。

ポーランドのランキング上位選手には、世界ランク10位のフベルト・フルカチュやカミール・マイクシャク(同118位)、ヤン・ジーリンスキー(ダブルス同38位)がおり、今年のATPカップでは4強入りを果たした。

この対戦の勝利国は、2024年のファイナルズ予選出場を懸けた戦いとなる2023年9月のワールドグループ1部に進出することとなる。

著者:Tennis Classic 編集部