西岡良仁、19歳アルカラスとの初対戦に「楽しみ」

現在開催中の「ロレックス・パリ・マスターズ」(フランス・パリ/ATPマスターズ1000)は、現地11月2日の試合予定を発表。西岡良仁(ミキハウス/世界ランク38位)と世界ランク1位のカルロス・アルカラス(スペイン)の2回戦は、センターコート第3試合(第1試合は日本時間19時開始)に組まれた。



9月のATP250ソウル大会で4年ぶり2度目となるツアータイトルを獲得した西岡は、自己最高ランキング37位を記録。今大会は本戦ストレートインを果たし、2年ぶり3度目の本戦出場となった。

1回戦では、元世界ランク14位のアスラン・カラツェフ(同58位)に6-3、6-4とストレート勝ち。試合を通して、計7度のブレークポイントを握られたが、粘り強くラリー戦を戦ってサービスゲームを破られることはなかった。

2回戦の相手は、9月のUSオープンを制すなど今季ツアー5勝を挙げて史上最年少19歳4か月で世界ランク1位に輝いたアルカラス。今大会は、昨年に続いて2度目の出場となり、1回戦は免除。西岡との試合が初戦となる。

両者は初対戦。西岡は自身のSNSで「初対戦ですがテニスしてみたかったのでとても楽しみです。今年最後の大会全力でいってきます!」と綴った。

今季、西岡はトップ10選手と6度戦い、2勝4敗。ATP250ソウル大会では当時世界ランク2位のキャスパー・ルード(ノルウェー)からキャリア最大の勝利を挙げている。今回、アルカラスとの初対戦で金星を挙げることができるだろうか。

著者:Tennis Classic 編集部