ジュニア&一般プレーヤーがクレーコートで躍動!

11月6日、「第45回むさしの村クレーコート選手権大会」(大会日程:11月3日・6日)がむさしの村ローンテニスクラブ(埼玉)にて開催され、男女シングルス、男女ダブルスの優勝者がそれぞれ決まった。



埼玉県テニス協会公認の同大会は、男女シングルス、ベテラン男子シングルス(60歳以上)、男女ダブルスの5カテゴリーが実施される。男女シングルスはトーナメント戦(1セットマッチ、決勝のみ3セットマッチ)、ベテラン男子シングルスはリーグ戦(すべて1セットマッチ)、男女ダブルスは各4ペアでのリーグ戦後、順位別トーナメントを行う(リーグ戦はセミアド1セットマッチ、トーナメントは1セットマッチ)。

64ドローで争われた男子シングルスは、決勝で白井勇輝(東京都TA)が黒図新太(フリー)を6-1、6-1で下し、優勝。一方、32ドローで争われた女子シングルスは、掛川真利亜(ぱんぴーてにすくらぶ)が決勝で新井花梨(パインヒルズ)に6-2、6-3で勝利し、頂点に輝いた。

そして、22ペアが出場した男子ダブルスでは、菊地将平(ノア和光市)/原澤一晃(ルネサンスふじみ野)ペアがリーグ戦、トーナメント戦ともに相手に1ゲーム以上与えない圧倒的な強さを見せて頂点に。また、28ペアが出場した女子ダブルスでは、稲田美優(ルネサンス)/武田彩夏(YSTS)ペアが優勝を果たした。

〈男子シングルス〉
優勝:白井勇輝(東京都TA)
準優勝:黒図新太(フリー)
ベスト4:田中功一(ONC)、平林豊(ぱんぴーてにすくらぶ)


男子シングルス優勝の白井勇輝と準優勝の黒図新太

〈女子シングルス〉
優勝:掛川真利亜(ぱんぴーてにすくらぶ)
準優勝:新井花梨(パインヒルズ)
ベスト4:浅子理恵(KKTT)、須藤優子(STJ)


女子シングルス優勝の掛川真利亜と準優勝の新井花梨

〈男子ダブルス〉
優勝:菊地将平(ノア和光市)/原澤一晃(ルネサンスふじみ野)
準優勝:石橋正伍/松田淳(ともにイトマンテニススクール浦和)
ベスト4:上村豪/大野祐季(ともにフリー)、中丸文雄 (富士フイルム大宮)/高柳雅治(フロックス)


男子ダブルス優勝の菊地将平/原澤一晃ペアと準優勝の石橋正伍/松田淳ペア

〈女子ダブルス〉
優勝:稲田美優(ルネサンス)/武田彩夏(YSTS)
準優勝:入江林美(ランド)/吉田千春(ライジングスター)
ベスト4:畠山由美子/畔見睦美(ともにフリー)、小高美奈(トラッキー)/岩崎理恵(Team Plus)


女子ダブルス優勝の稲田美優/武田彩夏ペアと準優勝の入江林美/吉田千春ペア


「第45回むさしの村クレーコート選手権大会」
●場所:むさしの村ローンテニスクラブ(〒347-0042 埼玉県加須市志多見1700-1)
●種目:男女シングルス、ベテラン男子シングルス、男女ダブルス
●日程:
【男女シングルス、ベテラン男子シングルス】11月3日・6日(予備日:11月13日・20日・23日)
【男女ダブルス】11月6日・13日(予備日:11月20日・23日)
●試合方法:男女シングルスは1セットマッチ・決勝のみ3セットマッチ、ベテラン男子シングルスはリーグ戦1セットマッチ、男女ダブルスは各4ペアでのリーグ戦(セミアド1セットマッチ)後に順位別トーナメント(1セットマッチ)を行う。すべての試合6-6よりタイブレーク
※進行状況や天候によるコート状況により日程や試合方法が変更になることや、ナイターを使用することがある
●使用球:ヨネックス ツアープラチナム
●サーフェス:クレーコート
●公認:埼玉県テニス協会

著者:Tennis Classic 編集部