ロジャー・フェデラー(スイス)が、インターナショナル・プレミア・テニス・リーグ(IPTL)に出場することが分かった。

IPTLは現地26日、公式Twitterでフェデラーがインディアン・エーシーズのメンバーとして同大会に出場すると発表した。

大会主催者は、これより2日前に2016年大会の出場選手を発表しているが、アンディ・マレー(イギリス)、ノヴァック・ジョコビッチ(セルビア)、ラファエル・ナダル(スペイン)の名前はなく、今年の同大会には出場しないと思われる。

ウィンブルドン準決勝で敗れて以降ツアーから離れていたフェデラーは、2017年シーズンを迎える前に試合形式の練習として出場を決めたようだ。

フェデラーは12月9日と10日にインド/ハイデラバードで行われる試合に出場すると思われるが、それ以外の開催地でプレイするかどうかは分かっていない。同大会は2日にさいたまスーパーアリーナで幕を開け、シンガポール、インドへと転戦し、最終日となる11日に上位2チームによる決勝戦が行われる。

フェデラーは、1月1日から7日にかけてオーストラリア/パースで行われるホップマンカップで2017シーズンを始める予定となっている。