現地27日、イギリス/ロンドンで開幕したウィンブルドンで男子シングルス1回戦が行われ、第5シードの錦織圭がサム・グロス(オーストラリア)を6-4,6-3,7-5で退け、2回戦へと駒を進めた。

錦織は、ポイント数ではわずか9ポイントのみグロスを上回ったが、6度のブレークに成功。第2セットを終えた後で、前哨戦のゲリー・ウェバー・オープンで負傷した肋骨の治療を受けるためにメディカル・タイムアウトを取ったものの、ビッグサーバーのグロスをストレートで退けた。

錦織は次戦で、イリヤ・マルシェンコ(ウクライナ)をストレートで下したジュリアン・ベネトー(フランス)と対戦する。

第9シードのマリン・チリッチ(クロアチア)は、18本のエースを放ち、ファーストサーブが入った時に89%の確率でポイントを獲得して、6-3,7-5,6-3でベテランのブライアン・ベイカー(アメリカ)を下した。

ATPによると、チリッチは「今はすごく自信がある。必要な時に素晴らしいサーブを決めることができたと思う。つまり、すごく良いね」とコメント。

チリッチの次戦の相手は、セルギ・スタコフスキ(ウクライナ)。スタコフスキは、予選を勝ち上がった西岡良仁に6-3,6-4,6-4で勝利した。2013年の本大会でスタコフスキは、2回戦でロジャー・フェデラー(スイス)を下す大金星を挙げている。

(選手コメント引用元:http://www.atpworldtour.com/en/news/cilic-karlovic-wimbledon-2016-monday)