現地19日、ドイツ/ハレで開幕したゲリー・ウェバー・オープンでシングルス1回戦が行われ、第2シードのドミニク・ティエム(オーストリア)が予選を勝ち上がった地元ドイツのマクシミリアン・マーテラーを7-5,6-3で下し、2回戦へと駒を進めた。

ティエムは22歳のマーテラー7度ブレークポイントを握られるも全てしのぎ、2度ブレークを奪って85分で試合を制した。

ATPによると、ティエムは「結果に満足している。(マーテラーは)すでにこのサーフェスで3試合プレイし、予選を通過してきた。サーブが非常に危険な選手だね。ブレークポイントを全てしのぐことができたし、少しラッキーだった。でも2セットで勝つことができて嬉しいよ」と語った。

2回戦でティエムは、ロビン・ハース(オランダ)とダビド・フェレール(スペイン)の勝者と対戦する。

第5シードのガエル・モンフィスとリシャール・ガスケのフランス対決は、22本のエースを放ち、15度ブレークポイントを握られるも12度しのいだガスケが3-6,6-4,6-3で勝利を収めた。

ガスケの2回戦の相手は、2度本大会を制しているトミー・ハース(ドイツ)とバーナード・トミック(オーストラリア)の勝者となる。

ワイルドカードで出場のアンドレイ・ルブリョフ(ロシア)は第8シードのアルバート・ラモス・ビノラス(スペイン)に6-7(1),7-5,6-4で勝利し、アップセットを演じた。19歳のルブリョフはこの勝利により、来週発表される世界ランキングで初のTOP100入りが決まった。

(選手コメント引用元:http://www.atpworldtour.com/en/news/thiem-gasquet-halle-2017-monday)